ROTAX MAX EVO ハーネスの注意点

EIKOよりROTAX MAX EVOエンジンのハーネス組立時の注意点が発表された。

コネクター部の些細なズレによりエンジンが不調になることがあるため、配線組立時等には必ずコネクターに接点グリスを塗布することを推奨するとのこと。また走行中に不調を感じた場合、往々にしてコネクター類の再組立て並びにプラグキャップのクリーニングで解決する。接点グリスはカプラーの裏側にも塗布し、ギアカバーアース部の塗装剥がしや、配線をタイラップで固定することでトラブル防止に努めてほしいとのこと。

Grease_1 Grease_2 Evo_CableAssen_1M

EIKO ROTAX MAX Info

関連記事:ROTAX MAX エンジン ユーザーへの重要なお知らせ

関連記事

ページ上部へ戻る