Fight for Podium : 大草りき

大草りきは今年からKFに参戦するルーキードライバーであるが、そのデビュー戦はとにかく鮮烈だった。なんとTTでトップタイムをたたき出したかと思えばその直後にリアタイヤのビート落ちによりストップ。2回の予選ではともにポールポジションを陣取ったが、1戦目ではエンジントラブルによりDNS、2戦目ではスタート直後にクラッシュしリタイヤ。ルーキーなりの焦りがあるようにも見えたが、決勝は2回ともに後方から猛烈な追い上げを披露し、第1戦では2位表彰台を獲得した。レース前に「今シーズンはルーキーとして、速さはもちろん皆の印象に残るようになりたい」と語った大草であったが、まさにその通りとなったデビュー戦。そんな彼は次戦の瑞浪でどのような走りを見せるのだろうか。話を聞いてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Profile

大草りき (オオクサ リキ)
1999年11月25日生まれ
出身:神奈川県
チーム:スクーデリアLCT
ゼッケン:No.24
マテリアル:TONYKART / TM / BRIDGESTONE

最近の戦歴

2014年 全日本カート選手権FS125東地域 参戦
カートレース IN SUZUKA X30 参戦
2015年 RMC瑞浪シリーズ MAX Seniorクラス 参戦

前回のレースについてどう思いますか?

予選1では、初めてのKFにもかかわらずポールポジションを取ったので、緊張で頭が真っ白になってしまってローリング中にエンジンをかぶらせてしまいました。また予選2では、スタートのタイミングで少し遅れてしまって、それを取り戻そうとするがあまりに直後の1コーナーでクラッシュしてしまいました。この2点は強く反省しています。ですが、決勝は2回ともほぼ最後尾からのスタートとなったのですが、迷いなく前へ前へ進めました。元々もてぎでは調子が良かったのですが、前へ行こうという気持ちがうまく結果につながったのだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェスティカサーキット瑞浪についてどういう印象を持っていますか?

あまり得意だという印象はないのですが、去年は瑞浪のMAXを走っていたのでその経験の分だけ自信があります。先日のタイヤテストでもかなり調子よく走れたので、前のほうで走れるなと思っています。しかし瑞浪はぶつかってしまうと順位を大きく落とすことがあるので、慎重に行きたいですね。

注目しているドライバーはいますか?

KFのドライバーはみなさん本当に上手いなと思いますし、それぞれに特徴的なドライビングスタイルがあるので難しいですが、あえて一人を上げるなら高橋悠之さん(TONYKART RACING TEAM JAPAN)です。彼は本当にいつも冷静に走っているので、見習いたいです。

次戦に向けての意気込みをお願いします

前回は予選をまったく走れなかったので、今回はきちんと予選を走りきって、かつ決勝も速く走ります。フルで走っても速いんだということを証明して見せます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連情報

2016全日本カート選手権もてぎ まとめ

全日本カート選手権西地域第3戦瑞浪 エントリーリスト発表

関連記事

ページ上部へ戻る