2016全日本カート茂原 タイヤメーカーインタビュー

IMG_2700

2016全日本カート選手権茂原ツインサーキット大会がやってきた。毎年灼熱のラウンドとも称されるほどとにかく「暑い」との印象がある茂原大会。当然KFで使用されるスペシャルタイヤも、3社ともに高温度域に対応したものを持ち込んでいるはずだ。さらには土曜日の夕方に雨が降るという予報も各天気予報から発表されており、前戦の瑞浪のような天気が予想されている。各社はどのようなタイヤを持ち込んだのだろうか。BRIDGESTONE、DUNLOP、YOKOHAMAそれぞれの開発担当者に話を聞いてきた。すると茂原ツインサーキットに対する3社のとらえ方の違いが表れたのだった。

目次

BRIDGESTONE

Paddock Gate 藤松 楽久(以下藤松):まずは前戦について教えてください。瑞浪ではドライもレインも他社に劣ってしまった結果となりましたが、どのように考えていますか?

BRIDGESTONE 本田 真悟(以下本田):そうですね、瑞浪では天候に振り回されてしまいました。ドライでは、土曜日のTTはBSで上位を占めることができたのですが、日曜日の小雨が降る中ではそうはいかなかったので残念に思います。レインは自分たちの力が不足していることがわかりました。

IMG_2500

藤松:不足していたものとは具体的には何なのでしょうか?

本田:それはグリップ以外の何物でもないですね。ただし、結果だけ見ると全く良くないのですが、ここからいろいろと分かることがありました。自分たちが持ち込んだものと、それで起きた現象、そして結果を見比べることで、次に対してのポジティブな結論も得ることができたのです。確かに成績は振るいませんでしたが、得るものが大きかった瑞浪大会でした。

藤松:茂原ツインサーキットというコースはBSにはどのように映っているのですか?

本田:タイヤに厳しいコースですね。コース全体を通して速度が速いですし、特に最終コーナーではGがかかります。さらには例年気温がかなり上昇するため、シビアなコースの一つです。

藤松:そのようなコースに対する攻略法などはあるのでしょうか?

本田:もちろんベストな方法はグリップを上げることです。ただし、茂原はタイヤに対する入力が大きい分だけ、最後まで持たせることが大切だと考えます。コース幅が大きく、抜きどころも多いレイアウトですので、最後までタレない、最終ラップまで勝負権があるようなタイヤを作ることが、ここ茂原の攻略法だと考えます。

藤松:それでは今回用意したタイヤは耐久性を重視しているというわけですか?

本田:もちろん耐久性だけでなくピークグリップも必要なので、かなり悩みました。両方ともに高い次元で両立できたものを用意はしてきましたが、他社に対して自分たちがどういう位置づけにいるのか、それは金曜日の現時点ではまだわかりません。

IMG_2786

藤松:雨予報も出ているようですが、前回のようなことにはならないのでしょうか?

本田:そうは考えていません。前回と違い土曜日にTTと予選を行うほか、日曜日はドライで走れるのではないかと予想しています。また、特に高橋悠之君はそういう場面に強いドライバーなのですが、後半まで勝負権があるタイヤの場合、後方からのスタートとなってもうまく抜いていき順位を上げることが可能です。もちろん、そうだからと言ってピークグリップを全く捨てているわけではありません。茂原のコースへの特性に、前回の瑞浪で得られたものをプラスした、そのようなタイヤを用意してきたので、今回のタイヤに関してはかなりポジティブな印象を持っています。

NEXTPAGE:DUNLOP

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る