全日本カート選手権茂原 KF第5戦決勝

IMG_3698

直前に発生したFP-Jrカデットのアクシデントにより、最終コーナーイン側の一部にオイル処理用の石灰がまかれている状況でKF第5戦の決勝レースが開始された。スタートし1コーナーを最初に抜けたのはポールスタートの3宮田。その後ろには11名取、22小暮、2澤田、12小高、21三村が続く。1周目のヘリポートコーナーにて12小高が前の2澤田に仕掛けたことがきっかけとなり4番手以降が少し遅れてしまう。さらに2周目の同コーナー出口にて22小暮が接触によりスピン。そのままリタイヤを喫してしまった。今回のヘリポートコーナーは呪われているようだ。続く3周目にも7番手争いで複数台が絡む大クラッシュが発生し中団の順位が大きく入れ替わる。ここで大きなダメージを受けてしまった9高橋はピットインしリタイヤ。他にも18菅波、36綿谷、17荒川がコース上で止まってしまう。そのクラッシュによりコース上に砂が浮いた状態となり、そこに足を取られた3宮田の動きを見逃さなかった11名取がトップに躍り出ると、3宮田よりも小さく旋回するコーナリングでじわじわと3宮田を離し始めた。この段階でトップから11名取、3宮田、大きく離れて24大草、12小高、14中森、21三村、16野中、30太田の順で並んでいた。ここで動きがあったのは4番手争い。12小高はやはりYHタイヤが厳しいのかペースが上がらない。14中森が小高のテールにぴったりとつけ、即座にパス、4番手に上がる。レースは中盤に差し掛かる。このころ、ふと気づけば予選でスタートできず最後尾スタートとなっていた34角田が12小高のすぐ後ろまで上がってきていた。他を圧倒するペースで走行する34角田は12小高、さらには14中森をも追い越し4位まで上がる。そしてトップの11名取のペースが上がらなくなってきた。10周目、3宮田は11名取を完全にロックオンすると、ヘリポートコーナーで難なくトップに浮上し、ペースを取り返した3宮田がぐんぐんと11名取を引き離しにかかっていく。いまだレースは折り返し地点に差し掛かろうとしたころではあるが、すでにBS勢は厳しい戦いとなっている様子だ。4位を走行する34角田は前を行く24大草よりもなんとコンマ4~5も速いペースでマシンをプッシュっさせている。完全にテールトゥーノーズとなった24大草と34角田は2~3コーナーをサイドバイサイドで駆け抜け、そして34角田が3位に浮上した。さすがに2番手の11名取と34角田の間には大きな距離があり、いくら34角田が速いとはいえ残り8周程度とはいえ追いつくのは難しいかと思われた。この間に激化したのは5位争いだ。14中森を先頭とし25佐藤、4朝日、19渡邉、30太田の5台が連なっていた。この中で速いペースで走っていたのは4朝日。レース終盤に3コーナーで25佐藤をパスすると、そのままの勢いで続くヘリポートコーナーで14中森をもパス。このとき14中森が立ち上がりに失速したのを見逃さなかった19渡邉は一気に6位に上がり、4朝日、19渡邉、25佐藤、14中森、30太田、14中森の5位争いとなった。レースは残り3周もないが、まさかの3番手34角田が11名取に追いつき、8コーナーでパス、最後尾スタートから2位にまで上り詰めた。さすがにトップの3宮田は大きく離れているためもう追いつくことはない。また5位争いも次第に各車の距離が開いてきた。そして3宮田、34角田、11名取、24大草、4朝日、19渡邉、25佐藤、30太田、14中森の順でチェッカーを切った。

1位 宮田莉朋のコメント

本来ならば序盤から後方を引き離す作戦をする予定でした。ところが、タイヤカスが挟まってしまったためかフロントブレーキの片効きが発生した上に、3周目のヘリポートコーナーにて発生したアクシデントにより路面に砂が浮いてしまい、それにはまってしまったことで11名取にトップを奪われてしまいました。砂がタイヤから取れるのにも数周を要したのですが、その間11名取の走りを後ろから観察し、どこでどう抜き返すのがベストな方法なのかを考え、そして実行しました。結果非常にうまくいき、その後は自分のペースを保ちながら優勝を飾ることができました。午後からの第6戦の予選はまた今朝の予選と同じような展開になるのではとは思いますが、全員がきちんと走った場合にどのようになるのかは予想できません。練習走行から自分のペースはいいので、焦らずに走っていきます。

IMG_3745

2位 角田裕毅のコメント

最後尾スタートであったため、とにかく前へ行くことだけに専念しました。6位入賞ができればと思いながら走っていたのですが、スタートはあまりうまくいかなかったので、前を走るドライバーを1人1人抜いていくことに専念しながら走りました。予選を全く走れなかったことによるタイヤのアドバンテージが大きかったレースでした。車の調子もよく、自分の調子も悪くないため、次は予選でなるべくタイヤを使わないことに専念しつつ4位以内に入れるようにしていきます。

IMG_3732

 

3位 名取鉄平のコメント

序盤はかなりペースがよく、3宮田をパスしトップに上がることができたのですが、DUNLOPのタイヤが完全に温まったレース中盤からかなり厳しい戦いとなりました。結果ついていくのが精いっぱいという状況からさらに離されてしまうようにまでなってしまい、悔しいレースでした。次の予選では9番手からのスタートとなるので、スタートでなるべく前に行けるようにします。

IMG_3719

 

IMG_3805

関連記事

ページ上部へ戻る