Fight for Podium:角田裕毅

今シーズンで注目すべきKFルーキードライバーを教えてくれと聞かれれば、間違いなく角田裕毅と答えるだろう。昨年の全日本FS-125でのシリーズ2位の成績を手土産にKFへとステップアップした角田は、開幕戦のでタイムトライアル4位をたたき出すと、続く予選では1位を獲得。BS勢が好調の中もてぎで唯一表彰台に乗ったDLユーザーであり、その後のレースでも存在感を示し続けた。そんな角田は次戦のSUGOに向け何を思うのか。話を聞いてきた。

img_1303

Profile

角田 裕毅(ツノダ ユウキ)
2000年5月11日生まれ
出身:神奈川県
チーム:Drago Corse
ゼッケン:34
マテリアル:Drago Corse / TM / DUNLOP

最近の戦歴

2013年 地方カート選手権FS-125東地域 チャンピオン
2014年 全日本カート選手権FS-125 シリーズ11位
2015年 全日本カート選手権FS-125 シリーズ2位

前回のレースについて

前回の茂原でのレース内容はあまり良いとは言えません。一番の反省点は、2回ある予選を両方ともにかぶらせてしまったためにスタートできず、ノーポイントで終わってしまったことです。キャブの絞りが甘く、経験不足が出てしまったと反省しています。しかしながら第5戦決勝では最後尾から2位まで追い上げられたこと、そして第6戦決勝ではトップ争いができたことは良かったです。セッティングや自分の体調は良かったため、ここまで戦うことができたのかなと思います。ただ、第6戦決勝での最終ラップ最終コーナーでは、ブロックの詰めが甘く、あと一歩のところで優勝を逃してしまったために、非常に悔しいレースとなってしまいました。

img_4025

スポーツランドSUGOについて

次戦のSUGOは、僕にとって好きでも嫌いでもないコースです。印象としてはアップダウンがあり、パッシングポイントも多くアグレッシブなサーキットだと思いますが、その分ほかのコースに比べて疲れやすいなと感じています。攻略ポイントを挙げるなら、僕もあまり得意なコースではないのですが、やはりシケインから最終コーナー、ここが一番のポイントになると思われます。ただ、先日行ったテストではタイムも悪くなかったので、レースウィークでは調子よく走れそうな感じがあります。

一目置いているライバルや、次戦の強敵はいますか?

同じコースにいる以上、そこで走っている全員が強敵です(笑)。

次戦への意気込みをお願いします

厳しい戦いになりそうですが、絶対に勝ちます!

img_3958

関連情報

関連記事

ページ上部へ戻る