2016全日本カートSUGO タイヤメーカーインタビュー

img_4489

スポーツランドSUGOはとにかくドライバーへの負担が大きいコースだが、それはタイヤにとっても同じこと。常にどこかにGがかかり続け休む暇なく次のコーナーがやってくるこのコースは、ドライバーの体力とタイヤのグリップをボディーブローのように奪い続ける。また、スポーツランドSUGOは宮城県にあるため、若干の肌寒さを感じるのが通例ではあるが、木曜・金曜と過ごしてきたが今のところはそこまでの寒さは感じられず、半そででも過ごせる程度の涼しさである。そんなSUGOに向けて各タイヤメーカーはどのようなものを用意してきたのだろうか。インタビューを行った。

目次

BRIDGESTONE「確実な進化が見えた」

img_4494

Paddock Gate 藤松 楽久(以下藤松):まず初めに2か月前の茂原のレースについて教えて下さい。予選までは何とかなったものの、決勝の特に後半にかけてペースを保てなかったように見えましたが、どうでしょうか?

BRIDGESTONE 本田 真悟(以下本田):まったくその通りで、厳しいレース展開となりました。序盤にかけてはある程度の優位性をもちレースをリードすることもできたのですが、中盤あたりからその優位性は失われ、そして後半に失速してしまいました。なんとか2戦ともに3位を獲得することはできましたが、優勝するにはレース終盤のペースが不足しており、それが良い結果に導くことができなかった原因だと考えています。決勝レース残り半分からのペースに大きな課題を残したレースとなりました。

藤松:BRIDGESTONEとしては、このスポーツランドSUGOをどのように考えていますか?

本田:まずはドライバーにとって非常に厳しいコースです。タイヤにとっては、周回数も多いため、最終ラップに向けてどれだけ余力を残すことができるか、ここが重要になります。つまりドライバーが疲れてしまってもタイヤはタレない、そういうことですね。また、鈴鹿や茂原にくらべてコース幅も狭く小さいサーキットなので、レース序盤で前方に立つことが重要です。先に挙げた2つのサーキットでは、後方からズバズバと追い上げるような作戦も取れなくはないですが、このサーキットでそれを行うのは困難です。初めに上位に立ち、その後ブロックすることで順位をキープすることができるサーキットだと考えます。

藤松:SUGOは例えば1コーナーから4コーナーにかけての連続する左コーナーのような、回り込むコーナーが多いサーキットですが、タイヤにとってはどのような特性が必要とされるのでしょうか?

本田:おっしゃる通り、回り込み横Gがかかった状態で姿勢を維持せねばならないコーナーが多いので、車の姿勢を維持し続けられるようなタイヤが必要です。少なくともピーキーなタイヤでは乗りにくいでしょう。

藤松:確かに、金曜日の走行を見ている限り、BSタイヤは他社に比べてきれいに車が動いているような印象があります。ところで、今週は天候にかなりの不安がありますが、そのあたりはどうでしょうか?

本田:まず初めに、この時期のSUGOは気温が不安定で、暑くなるのか、それとも寒くなるのかを予測するのは困難です。ですから、どの状況でも対応できるようにはしています。これはちょうど6月の瑞浪の状態が近いかもしれません。また今週も雨や曇りの予報が出ており、天気が読めません。そういう不安定な天候になるだろうとは予想してはいたので意識したタイヤを作ってきましたが…。また、事前のテストでは昨年のSUGOで使用したタイヤからの着実な進化が見え、非常に良いテストができたなと思います。シーズンを考えると、ルーキードライバーたちももうかなりKFという環境に対応してきたので、BS全体で上位を占めたいです。しかしながらやはり天候に対しては不安を覚えており、ドライバー間ではKF経験年数の差が出つつ、ベテラン同士での接戦が行われるのではないかと思います。

NEXTPAGE:DUNLOP

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る