2016全日本カート鈴鹿:DL開発担当者に聞いた「今回・今シーズンの勝因」

結果だけを見るなら、DUNLOPタイヤのほぼ表彰台独占という形になった2016全日本カート選手権最終戦。しかしその実態は異なる。DUNLOP、BRIDGESTONE、YOKOHAMAの3メーカーのタイヤを用いるそれぞれのドライバーやチームが総力戦で戦ったこの鈴鹿決戦は、過去に例をみないほどに3メーカーの実力が拮抗した大会であった。そんなレースを制しただけでなく、年間チャンピオンの座にもついたDUNLOPタイヤ。2016シーズンのタイヤ開発戦争を勝ち抜いたその勝因とは。

img_7215

Paddock Gate 藤松 楽久(以下、藤松):今回の鈴鹿での2大会連続優勝、そしてDUNLOPタイヤユーザーのシリーズチャンピオン獲得おめでとうございます。今シーズンを振り返ってみると、ドライコンディションでずっと走れたのは開幕戦と今大会の2大会だけであったのですが、開幕戦もてぎと対照的にDUNLOPが強さを見せつけたレースウィークとなりました。ここにはどんな勝因があったのでしょうか?

DUNLOP 大小瀬 求(以下大小瀬):金曜日にお話ししたように、我々は鈴鹿に対する確かな方向性・哲学を持っており、そこには自信があります。それを最大限に生かしつつ、レースを通して常に性能を使いきれることのできるタイヤが作れた、これが証明できたレースでした。常に全力を出し切れるタイヤというのは、タレず、グリップし続け、そして決勝レースの最終ラップにてきちっと使い切れるタイヤ、という意味です。ここには非常にきわどい開発を行ったのですが、これが実を結んだ結果となりました。

img_6380

藤松:私には各社の実力がかつてないほどに拮抗したレースとなったようにも見えましたが、そこはどうでしょうか。

大小瀬:その通りです。DUNLOPユーザーが上位に立っていたことが多かったのも事実ですが、実際には他社との差がほとんどないという結果も得ることができました。今回勝ったからといっても、決して優位に立っているわけではない。そのことを再確認することができました。

img_6765

藤松:ところで、今年のシリーズチャンピオンはDUNLOPユーザーでかつ開発ドライバーの一人である宮田莉朋になったわけですが、これを獲得できた重要なポイントのようなものはありましたか?

大小瀬:今だから言えることですが、開幕戦のもてぎでタイヤを外してしまったことが、結果的に今シーズンをいい方向に進めることができた分岐点となりました。あのレースによって、我々の従来までのタイヤ開発方法に誤りがあったことを気づかされ、そしてそれを見直すことができました。あそこで負けたこと、それが今シーズンのチャンピオン獲得に繋がりました。

藤松:来シーズンはついにこの全日本カート選手権もOKカテゴリーへ移行することが決定されました。フロントブレーキの廃止、エンジン回転数の上昇、そして最低重量が13kg減ることとなりますが、転換期を迎えることへの自信や不安はありますか?

大小瀬:来シーズンは車が変わるので、もちろんタイヤもそれに合わせて変わっていきます。しかし我々が行うことは、勝利を目指しチームと協力しながら強いタイヤを作ることです。来シーズンも勝ちを狙っていきます。

img_7917

関連情報

関連記事

ページ上部へ戻る