朝日ターボ「全員がライバル」:Fight for Podium 2017

昨シーズンは最終戦までランキング争いに絡んだものの、惜しくもランキング2位に終わった朝日ターボ。彼からシリーズチャンピオンを奪い取った宮田莉朋は今年全日本カート選手権への参戦は行わず、フォーミュラーカーのドライブに専念することを決定。これまで幾度となくシリーズチャンピオン争いに身を投じながらもあと一歩のところで手が届かなかった朝日にとって、今シーズンは最大のチャンスなのかもしれない。開幕戦のSUGOでは、KFから大きく変化したOKマシンをそつなくドライブしてみせ、絶対的なスピードではトップに劣ったものの着実な走りで2戦連続で表彰台2位に立った。彼の視線は常にシリーズチャンピオンをとらえ続ける。

Profile

朝日 ターボ (アサヒ ターボ)
生年月日:1994年2月25日
出身:愛知県
チーム:MASUDA RACING PROJECT
ゼッケン:2
マテリアル:EXPRIT / TM / DUNLOP
スポンサー:ヴァンガード / EICARS / ブシロード / まるは食堂 / 坂清商店 / 豊栄電気(株) / Veilside / 鳥専 / stilo / ヤマキ水産

最近の戦歴

2012年 全日本カート選手権 KF1 シリーズ6位
2013年 全日本カート選手権 KF1 シリーズ3位
2014年 全日本カート選手権 KF シリーズ2位
2015年 全日本カート選手権 KF シリーズ4位
2016年 全日本カート選手権 KF シリーズ2位

前回のレースについて

今年からカテゴリーがKFからOKへと変更になったことで、オフシーズンのテストでは他のタイヤメーカーとの差がわからない状態で不安が大きかったですが、レースでは予想以上にパフォーマンスを発揮することができました。レース展開としては特にこれ以上できることがないぐらいのレースだったので大きな反省点はありません。しかしトップとのスピードの差に課題が残りました。その差の具体的な原因はまだわかっていませんが、マシンのセットアップなどでトップを上回るスピードを発揮できるようにしていきます。

次回の本庄サーキットについて

本庄サーキットは今年初めて最高峰カテゴリーが開催されるコースなので、まだ全く予想ができません。ただコースは基本的にハイスピードでフェスティカサーキット瑞浪に似ているように思います。そのコースの特性上、タイヤの差は今年のサーキットの中で最も少なく、エンジンパワーとレース展開の読み、そして運で順位が大きく変わっていくでしょう。頭のいいドライバーしか勝てないだろうという印象を抱いているので、今は勉強中です。

一目置いているライバルや、次戦の強敵

大きく変わったレギュレーションによって差が拮抗しています。なのでライバルは出場するメンバー全員です。

次戦への意気込み

SUGOの開幕戦では、調子は良かったものの単純にスピードがなく勝ちそびれてしまいましたが常にトップ2でレースができました。今後調子が悪い時にもこのあたりの順位で常にフィニッシュし、チャンスがあるときにしっかりと勝ちたいと思います。またDUNLOPのタイヤ開発という重要な役割を担っているので、これからもより良い物を作れるように頑張っていきたいと思います。

関連情報

関連記事

ページ上部へ戻る