フロントのピッチングを制御するダンバー【ADVAN HIROTEX】

読者の皆様は「ステアリングダンパー」というパーツを知っているだろうか。レーシングカートを含む多くの四輪カテゴリーでは馴染みの薄いものだが、バイクやクロカン車をかじったことのある人であればご存じだろう。ステアリングダンパーとは主にバイクのトップブリッジとフレームを繋ぐことでステアリングのふらつきやキックバックを抑え込み、安定した走行を支援し転倒を防ぐために装着され、その大半は油圧式かフリクション式である。身近な物で例えるならば、車のサスペンションについているダンパーが小型化されてバイクのハンドル周りについている、と考えてもらえれば問題はない。こんなことを書いていると、一体いつからPaddock Gateはバイクも取り扱うようになったのかという声が聞こえてきそうだが、もちろんそうではない。そんな見慣れないパーツがとあるマシンに装着されていたから説明しているのだ。

ADVAN HIROTEXのステアリングダンパー

それが装着されていたのは、藤原道長が乗るADVAN HIROTEXのCRGだ。ステアリングダンパー上部をステアリングコラムに、下部をステアリングシャフトに取り付けたクランプに接続している。本来ステアリングダンパーは、その性能を十分に発揮するためにステアリングシャフトの回転方向と直交するように取り付けるべきだが、このダンパーはほぼ同軸上に設置されている。それもそのはず、このダンパーはキックバックを抑える効果を見込みつつも、主な目的はシャーシのフロント周りのピッチングを制振するために取り付けられているのだ。

ピッチングを制御する

読者の中には、ステアリングサポートを挟み込むようにステアリングロッカーという金属製の輪っかをステアリングシャフトに取り付けている人もいるはずだ。そしてその輪っかを、ステアリングサポートにピタッと沿わせて固定するか、あるいは少し離して固定するかによって、マシンの動きに変化があることを体験したことのある人もいるだろう。そう、レーシングカートのステアリングは、主にブレーキングでフロントが沈み込む際に大きく動いているのだ。その一方で、サスペンション機構を持たず金属製のフレームがしなることでその働きを代行しているレーシングカートは、制振装置を持たないがゆえに、一度弾いたギターの弦がしばらく揺れ続けるのと同様に細かく揺れ続ける。実際のところこの制振はタイヤが受け持っているため、ドライバーはフロントが細かく揺れ続けるという体験をせずに済んでいるのだが。ADVAN HIROTEXが装着したこのステアリングダンパーはこの動きをタイヤ以外の場所で制御することでフロントのバタつきを抑え、より確実にグリップを得ようという意図があった。

ところが残念ながらフェスティカサーキット瑞浪でテストした限りではその効果はあまり芳しくなく、ドライバーである藤原道長曰く「ステアリングダンパーが装着されていると車が重く感じる」ということで、レースでは投入されなかった。確かにハンドルにも抵抗を加えているため車が重く感じるのは仕方のないことだろうが、逆に考えればステアリングに関係なくピッチングを制御する方法で取り付けた場合にどのような結果になるのかは気になるし、路面のギャップが多いようなサーキットでは美点も出てくるはずだ。さらなる進化に期待したい。

関連記事

ページ上部へ戻る