DL「まだまだやることが山積み」【2017全日本カート選手権:ツインリンクもてぎ】

2017オートバックス全日本カート選手権 ツインリンクもてぎ大会は歴史的瞬間を迎えたレースとなった。熾烈なタイヤ開発戦争が行われるOK部門において、史上初めて3メーカーのタイヤユーザーが表彰台に登ったのだ。それも2レース連続で。タイヤメーカー間の実力は完全に拮抗し、もはや誰が勝つか全く予想できない展開となった今大会だったが、それを2レースとも制したのはDUNLOPタイヤを履く佐藤蓮だった。ただ、高いパフォーマンスを見せシリーズチャンピオンを決めた佐藤蓮がいた一方で、今回のDUNLOP勢は全体的に一発のタイムやレースペースに苦しむ展開が見受けられたのも事実。ここにDUNLOP 大小瀬氏は何を思うのか。

Paddock Gate 藤松楽久:ついに最終戦を待たずしてDLユーザーである佐藤蓮がシリーズチャンピオンを決めました。佐藤蓮が2連勝を飾った今大会ですが、その一方で今回のDLタイヤに対して苦戦しているユーザーも多くみられたように思いました。大小瀬さんは今回のレースはどのような印象を抱きましたか?

DUNLOP 大小瀬求:今回のレースだけの全体を見渡せば、全然勝者の気分ではありません。ユーザーには繰しい展開を強いることになってしまったことは事実です。特に予選やTTでは厳しい戦いとなってしまいました。

藤松:レース前にお話を伺った時には、昨年のもてぎで起こってしまった耐久力不足を絶対に起こさないことが今回の第一目標だとおっしゃっていましたが、それはクリアできたと思いますか?

大小瀬:その点に関しては達成できたと思います。昨年のようにずるずると後退していくようなレースでは無かったですから、これ自体は良かったと考えています。ただし、それ以上の+αがあったか?と聞かれれば、あまりなかったことはレースの流れが物語っています。

藤松:ただレースには優勝しましたし、上位に食い込んだドライバーもいましたね。

大小瀬:1レース目では佐藤蓮が優勝し澤田真治が4位に入りましたし、また2レース目は朝日ターボや渡邉俊輝らも健闘しました。タイヤの性能を出し切ってくれたメンバーには感謝しています。レースに勝てたことから、去年の課題は最低限解消できたのではないかと思っています。まだまだやることは山積みだな、というのが素直な感想です。

藤松:シリーズチャンピオンは決まりましたが、まだ最終戦である鈴鹿大会が残っています。ここに向けての自信はいかほどでしょうか?

大小瀬:鈴鹿ではここ何年も負けていません。それゆえに自信があるような気もしますし、逆に怖いような気持ちもあります。もちろん鈴鹿に向けての準備は進めていますし、僕らはやるべきことをやるだけです。シリーズチャンピオンは決まりましたから、来年に向けての課題をしっかりと出して、来年に向けてのレースをしたいです。

関連情報

関連記事

ページ上部へ戻る