DL「まだ伸びしろがたくさんある」【2017全日本カート選手権:鈴鹿サーキット】

2017オートバックス全日本カート選手権OK部門のシリーズチャンピオンを獲得した佐藤蓮、その足元を支えたのはDUNLOPタイヤだった。過去に類を見ないほど各タイヤメーカーの実力が拮抗した今シーズンにおいて、第5・6戦瑞浪大会からコンセプトの大胆な変更を行うなど常に進化し続けるDUNLOP。土日の2日間を通してレインコンディションとなった最終戦鈴鹿大会では、ウエットタイヤへの課題がちらつきながらも、豪雨の中行われた第10戦予選で2位を獲得するなど爪痕を残した。そんな彼らにとって今シーズンはどのような一年間だったのだろうか。

Paddock Gate 藤松楽久:DUNLOPユーザーのシリーズチャンピオン獲得はもてぎの時点で決まっていましたが、改めておめでとうございます。今シーズンは車両がOKへと変わったことで様々な変化があったと思いますが、年間を振り返ってみるとどのようなシーズンでしたか?

DUNLOP 大小瀬求:ありがとうございます。今年は過去のシーズンと比べると、タイヤで勝てたといえるようなレースが減ってきている、というよりもほとんどなかったように思います。それほどまでに他社のタイヤの性能UPが著しく、実力が拮抗してきています。確かにチャンピオンは獲得できました。それはそれでよかったのですが、そこに甘え、良かったと喜んでばかりいると、確実には来年にはやられるだろうという危機感が強いシーズンだったと思います。

藤松:今シーズンは例年と比べると開発陣がレースで上位進出する機会が少なかったように思うのですが、これはどのようなところに原因があったのでしょうか?

大小瀬:結果的にユーザーのタイヤはみな同じものを使うわけですが、それ以外のマテリアルはまちまちです。どうすればそのマテリアルをまとめ上げうまく走ることができるか、ということに対して我々がどれだけチームの力になることができたのかを思うと難しいところがあります。もちろん今以上に何かできることがあったのかと聞かれれば、それはわからないので何とも言えません。ただ、確かにレースをしていくなかで開発ドライバーが表彰台に乗ったりする機会は少なかったかもしれませんが、朝日選手も澤田選手もすごくよくやってくれました。彼らの頑張りがあったからこそ佐藤選手がシリーズチャンピオンを取れたのだと思っています。開発ドライバーたちの貢献度は結果以外のところで非常に大きいので全く文句などはありません。それぞれのマテリアルを生かすために我々もカートへの理解をどんどん深めていき、もっと引き出しを増やしていけたらと思います。

藤松:シーズンは終わったばかりですが、すでに来年に向けて動き出していると思います。来年への目標は何かありますか?

大小瀬:もちろんやる限りは全戦表彰台を独占してチャンピオンを取るのが目標です。ですが、それは容易なことではありません。今年1年間戦ってきて、やるべきことはまだまだたくさんあると感じました。しかし、そう感じることそのものが、我々にはまだ伸びしろがたくさんあるのだ、ということを証明しています。そこを開発チームとも話していき、オフシーズンテストでの目標をしっかりと見定めてやっていきたいです。あとは、鈴鹿大会で見ての通りウエットコンディションでの課題があります。今回のウエットで分かったことは2つありました。1つは、昨年のSUGOでは1秒ほど差があったところが、今回は0.3~0.4秒差へと縮まったことです。その分進歩できたということは分かりました。そしてもう一つは、まだ負けているということです。ここは絶対に解消しなければならないところです。ただ一方でこの鈴鹿大会では、大雨であれば我々にアドバンテージがあったりと、コンディションでの各メーカーの特色が明確に見えました。そこをしっかりと観察して、いいところを失わないようにしつつ、するべき進歩をしっかりと見定めて、重点的にやっていければと思います。

関連情報

関連記事

ページ上部へ戻る