鈴鹿ともてぎは5月10日まで臨時休業・5月のレースは全て中止

2020年4月8日、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランドは、両サーキットの営業を4月10日から1か月間臨時休業すると発表しました。

5月10日まで臨時休業・5月のレースは全て中止

株式会社モビリティランドは、新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの緊急事態宣言が発令された社会状況を受け、お客様および関係者の皆様の安全・安心を最優先に考慮し、4月10日(金)より、鈴鹿サーキットの全ての施設を臨時休業とすることを決定したと発表しました。

これに伴い、5月中に開催を予定していたすべての参加型レース(もてぎカートレース第2戦や鈴鹿選手権シリーズ第2戦カートレースIN SUZUKAを含む)が中止となりました。代替開催の有無については、決定次第、鈴鹿サーキット・ツインリンクもてぎ各公式ホームページにて案内されます。

なお、営業再開日は5月11日(月)を予定しているが、社会状況を注視したうえで判断し、あらためてお知らせされるとのこと。

参照:鈴鹿サーキットの臨時休業についてツインリンクもてぎの臨時休業について

関連情報

【JAF最新版】5月末までJAF公認競技会などを延期するお願いを発表 | Paddock Gate

2020年4月7日、JAFより「新型コロナウイルス等防止対策に係るお願い(2020年4月7日版)」が発表されました。

【SLO】緊急事態宣言対象地域に対し5月31日までのカートレースおよび講演会の延期中止をお願い | Paddock Gate

2020年4月7日、一般社団法人SLカートスポーツ機構(SLO)は、加盟施設各位に対して「新型コロナウイルス等防止対策に関する施設の方へのお願い(2020年4月7日版)」を発表しました。

関連記事

ページ上部へ戻る