EXPRIT TAKAGI RACINGの一工夫:宮田莉朋のKZシャーシ

大抵どのKFチームも1人のドライバーに対し2台のシャーシを持ち込んでいるが、EXPRIT TAKAGI RACINGチームを見ると毎回他よりも多くのシャーシを持ち込んでいるように見える。これはきっとチーム員が3人と多いせいだとは思うが…。その中に1台だけ他と違うシャーシがある。もちろんEXPRITブランドのオレンジ色をしているのだが、よく見れば燃料タンク周りやベアリングホルダーのつくりが異なっている。ミッションカート用のKZモデルだ。

img_5076

2013年~2015年まで鈴鹿サーキットのミッションカートクラス(SFCクラス)に同じOTKブランドであるFA-KARTで参戦していた筆者の経験から言わせてもらうと、KZ用のシャーシはベアリングホルダーが6点止め(KFモデルは4点止め)になっていたり、リアクロスメンバーの角度が異なっているなどKFモデルと微妙な差があり、特にリア周りの剛性が高い造りとなっている。これはミッションカート特有の低速からの大トルクに対応するための措置ではあるが、リア周りの動きが硬いために旋回性能は通常モデルと比べて一歩劣る。であるから、ベアリングホルダーを固定するねじの本数を適度に減らす等の適切なセッティングをする必要が、DLのSL6が指定タイヤであったSFCクラスでは必要であった。

KFエンジンのハイパワー、そしてスペシャルタイヤの強大なグリップ力により、高剛性なKZモデルをリフトさせかつKFモデルよりも強力なメカニカルグリップを発揮することができるのかもしれない。おそらくEXPRIT TAKAGI RACINGはこのように考えてKZモデルを投入したのだろうが、今回のSUGOで練習走行中に宮田莉朋がテストを行ったのみで、結局レースで使用されることはなかった。筆者には少なくともSUGOのような回り込むコーナーの多いサーキットにあのリアの剛性は邪魔になるだけに思えたが、やはりそのようだった。宮田は今回KZモデルに対し特にセッティングを行うでもなくテストしてすぐに通常モデルに乗り換えてしまったのだが、KZモデルの強力なトラクションはコースによっては武器になりうるはずだ。実際に今年の茂原で宮田が2連勝を飾った際に使用していたのは、このKZモデルだった。他チームでも今後KZモデルを投入してくる可能性は十分に考えられる。

img_4043

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る