【JAF】2019年国内カート競技車両規則&日本カート選手権規定が制定 FP-3が全日本選手権へ格上げ

2018年8月24日に、JAFより2019年国内カート競技車両規則と、2019年日本カート選手権規定の制定が公示された。

2019年国内カート競技車両規則 Miniカテゴリーが追加

2018年規則からの競技車両規則の主な変更点は3点。

  1. KFカテゴリーの廃止
  2. Superkartカテゴリー規則の単純化・最低重量変更
  3. Miniカテゴリーの追加

1.KF規定の廃止

ヨーロッパでは2016年、日本では2017年まで続いたKFカテゴリーが規則書から姿を消した。KF1~KF4まで用意されていたカテゴリーの全てが廃止され、現行のOKカテゴリーが最高峰クラスであることが明確化された。

2.Superkartカテゴリー規則の単純化・最低重量変更

2018年規定ではディビジョン1/ディビジョン2の2規定が用意されていたSuperkartだが、2019年規定では規定が統一・単純化された。さらに空冷エンジンの使用が禁止となった。それに伴いシングルシリンダーエンジン/ツインシリンダーエンジン搭載マシンの最低重量がそれぞれ205kg/215kgから208kg/218kgへと3kg増加した。

3.Miniカテゴリーの追加

新カテゴリーとしてMiniが追加された。マシンの要点を以下の表に示す。

エンジン
  • CIK-FIA公認(2020年から)またはJAF登録
  • ダイレクトドライブ
  • シングルシリンダー
  • 2ストロークレシプロ
  • 最大気筒容積60cc
  • 遠心乾式クラッチ搭載
  • 車載電動スターター搭載
シャーシ
  • CIK-FIA公認(2020年から)
  • ホイールベース:950mm±5mm
  • 全幅:最大1100mm
  • リアシャフト:Φ30
  • タイヤ:Mini用5インチCIK公認タイヤ(2020年から)またはJAF指定タイヤ
最低重量 110kg

4.その他の変更点

その他の変更点は、

  • チェーンガードの規則が単純化
  • 全てのノンギアボックスカテゴリーでのフロントブレーキの装着が禁止

参照:JAF 2019年国内カート競技車両規則の制定(pdf)

2019年日本カート選手権規定 FP-3が全日本選手権へ格上げ

2018年規則からの競技車両規定の主な変更点は2点。

  1. FP-3が地方選手権から全日本選手権へ格上げ
  2. ジュニア選手権FP-Jrの出場資格が一部変更

1.FP-3が地方選手権から全日本選手権へ格上げ

これまで地方選手権として開催されていたFP-3が全日本選手権へと格上げされた。FP-3は現在の全日本FS-125と同様に東西地域に分かれて開催され、最終戦として東西統一競技会を行う。東・西何れかの地域で当該年に夫々3回以上の競技会開催で成立。

全日本FP-3のドライバー出場資格は「国内A以上または国際Cリストリクティッドドライバーライセンス所持者」。国際Cリストリクティッドは、国際Cジュニア所持者で当該年に14歳に達する者が取得可能なライセンス。ジュニア国内A取得後のレース実績、講習会受講、カートクラブの推薦でも当該年14歳から取得可能。

2.ジュニア選手権FP-Jrの出場資格が一部変更

ジュニア選手権FP-Jrの出場資格が一部変更となった。変更点は以下の表の下線部。

2019年規定 2018年規定
第4章 ジュニア選手権
第44条 ドライバーの出場資格
1.フォーミュラピストンジュニア(FP-Jr部門)
2)年齢制限

12歳(12歳の誕生日を迎える当該年)以上15歳未満の者。
なお、当該年に満14歳に達していても国際Cリストリクテッドライセンスを取得しなければ、また、満15歳に達しても一般ライセンスを取得しなければ、その年のフォーミュラピストンジュニア(FP-Jr)部門に出場することが認められる。

第4章 ジュニア選手権
第44条 ドライバーの出場資格
1.フォーミュラピストンジュニア(FP-Jr部門)
2)年齢制限

12歳(12歳の誕生日を迎える当該年)以上15歳未満の者。
なお、当該年に満15歳に達しても一般ライセンスを取得しなければ、その年のフォーミュラピストンジュニア(FP-Jr)部門に出場することが認められる。

3.その他の変更点

FP-3の格上げに伴い、地方選手権が従来の5部門区分からFP-2とFP-3を除いた3部門区分に変更となった。

2019年規定 2018年規定
第3条 日本カート選手権の部門
2.地方選手権
地方選手権は以下の3部門に区分する。(略)

  1. フォーミュラスーパー4(FS-4)部門
  2. フォーミュラスーパー125(FS-125)部門
  3. フォーミュラC-2(FC-2)部門
第3条 日本カート選手権の部門
2.地方選手権
地方選手権は以下の5部門に区分する。(略)

  1. フォーミュラピストン2(FP-2)部門
  2. フォーミュラピストン3(FP-3)部門
  3. フォーミュラスーパー4(FS-4)部門
  4. フォーミュラスーパー125(FS-125)部門
  5. フォーミュラC-2(FC-2)部門

※カテゴリーの概要を示す。

  • FP-2:空冷2スト単気筒100ccマルチメイクエンジン
  • FP-3:空冷2スト単気筒100ccワンメイクエンジン
  • FS-4:空冷/水冷4スト280ccワンメイクエンジン
  • FS-125:空冷/水冷2スト125ccワンメイクエンジン
  • FC-2:空冷/水冷単気筒125ccミッション付きマルチメイクエンジン

参照:2019日本カート選手権規定の制定(pdf)

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る