YH三好雅章「総合的にパフォーマンスを発揮できた」【2018全日本カートSUGO】

思い返してみれば、2年前のSUGOも雨であった。当時レインでの高い優位性を誇っていたYOKOHAMAタイヤは、すんでのところで優勝を逃し、また多くのBRIDGESTONEユーザーが上位でレースを終えた。ところが同じく雨となった今年は、YOKOHAMAとDUNLOPがそれぞれ雨量によって勢力図が入れ替わり、反対にBRIDGESTONEは綿谷浩明を除くほぼ全員が下位に沈んでしまった。まさにこの全日本カート選手権において、タイヤの開発スピードは日進月歩であることを象徴するような結果が残されたのだった。朝日ターボによる今期のDUNLOP初優勝、そしてYOKOHAMAタイヤ史上初の表彰台独占という新たな記録が刻まれたSUGO大会終了直後に、YOKOHAMA陣営に今回のレースについて話を聞いてきた。

Paddock Gate 藤松楽久:SUGOでは第7戦で史上初の表彰台を独占、さらにコンディション的に厳しいと思われた第8戦でも2位を獲得するなど、YOKOHAMAタイヤは素晴らしい活躍を見せました。この結果は何によるものだったのでしょうか?

YOKOHAMA 三好雅章:まずドライでのパフォーマンスについては、BRIDGESTONEに少し劣ってはいましたが、しかしながらTTと第7戦予選ではいい位置につけることができました。さらにウエットでも、YOKOHAMAが一番ではなかったと考えていますが、特に雨が降っている状況下では初動から高いパフォーマンスを発揮できました。ドライだけが良いわけでも、ウエットだけが良いわけでもなく、両方がうまくかみ合ったおかげで、表彰台を独占することができたのだと考えています。

藤松:確かに、今回に関してはBRIDGESTONEはドライが良い一方でウエットが悪く、DUNLOPはその逆で、YOKOHAMAはちょうど中間という印象でした。

三好:ドライでもウエットでもいいパフォーマンスを発揮できましたが、両方ともに秀でていたわけではありませんでした。また、日曜日の朝のコンディションではタイヤがハマりましたが、昼以降はそうではなく、DUNLOPが速かったです。今よりもレンジの広いタイヤが必要だという課題が残りました。まだまだピンポイントでしか使えないタイヤであったために、雨量が少ない状況だとパフォーマンスが発揮できませんでした。そのような苦しい状況でも三村壮太郎は、朝日ターボについていくことはできませんでしたが、2位で帰ってきました。パフォーマンスが苦しい中でそのような結果を残してきたことに感謝しています。

藤松:今年からのYOKOHAMAタイヤは特性的にSUGOに合っているはずだということをレース前におっしゃっていましたが、ドライについてはどうでしたか?

三好:まだ他社のレベルまでは追いついていなかったのだと思います。特にBRIDGESTONEのスピードにはついていくことができませんでした。そこは課題ではありましたが、一方でドライコンディションとなったTTと第7戦予選では、YOKOHAMAのドライバーがいい位置につけることができました。もし去年のタイヤであれば、あのポジションにはいられなかったでしょう。そういう点で見れば確実に進化していることが確認できました。レースウィークを総合的に見て、今回のレースはポジティブにとらえています。しかし、ドライ・ウエットをそれぞれ単体で見たときには、まだまだパフォーマンスが足りないのが現実です。しかしながらあらゆるコンディションでも安定して成績を残せましたし、さらにルーキーの奥住慈英も表彰台に乗ることができました。開発以外のドライバーがそのような結果を残せたことがとても嬉しく、非常にありがたいと感じました。

藤松:今回のレースで、三村壮太郎が大量にポイントを獲得しランキング3位に、さらに佐藤蓮はポイントリーダーに立ちました。加えてポイント上位を走っていた佐々木大樹や高橋悠之らが沈み、YOKOHAMA初のシリーズチャンピオンがかなり現実味を帯びてきたように思います。最終戦鈴鹿に対してはどのように戦っていきますか?

三好:二名ともに今回のレースでポイントを獲得し、シリーズ的に優位に立つことができました。鈴鹿までは少し時間がありますが、今よりも開発スピードを上げ、今回見えた課題から修正を加え、最終戦に向けきっちりと合わせこみたいです。しかし、問題は開催時期です。11月半ばですので、気温の低さが心配です。そこにどうタイヤをマッチさせていくか、ここがポイントになるでしょう。今年がチャンピオン獲得への一番のチャンスだと思うので、しっかりと開発とテストを行い、レースに挑みます。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る