【JAF】全日本カートFP-3部門の振興策が発表 東西シリーズ上位2名にKTエンジンを贈呈

2019年5月21日にJAFより、2019シーズンから全日本格式へと格上げされたFP-3部門をより盛り上げるための振興策が発表されました。(公示No.2019-WEBK09

東西シリーズ上位2名にYAMAHA KT100エンジンを1機ずつ贈呈

発表された内容は以下の通りです。

 前年の全日本カート選手権FP-3部門の東西統一戦に参戦した選手で、東西それぞれのシリーズ上位2名に、株式会社オートバックスセブンを通じて饗庭喜昭氏(前全日本/ジュニアカート選手権審査委員グループリーダー)からエンジン1機(YAMAHA KT100SDまたはKT100SEC)を贈呈します。
 ただし、当年の全日本カート選手権同部門第1戦に参戦することを条件とし、該当しない場合は下位選手が繰り上げとなります。
 2020年から3年間実施する予定です。(2019年/2020年/2021年選手権の成績結果に基づく)

JAF 全日本カート選手権 FP-3 部門の振興策について より

エンジン贈呈の条件

ドライバーがエンジンを受け取るための条件は、

  1. 前年の全日本カート選手権FP-3部門の東西統一戦に参戦したこと
  2. 前年の全日本カート選手権FP-3部門の東西シリーズ上位2位以内の成績であること
  3. 当年の全日本カート選手権FP-3部門の第1戦に参戦すること

の3つです。なお、該当者がいない場合は、前年シリーズの下位選手が繰り上げとなります。

2019シーズンの成績上位者から対象に

この振興策は2020年から3年間実施される予定です。つまり、2019年のFP-3部門東西統一戦に参戦し、東西シリーズ2位以内に入り、2020シーズンの第1戦に出場すれば、2020年にエンジンを贈呈される権利が与えられます。

関連情報

全日本カート選手権 FP-3 部門の振興策について|JAFモータースポーツ

JAFモータースポーツサイトでは、モータースポーツをもっと熱く楽しむために、観戦に興味がある方から参戦を目標としている方まで幅広くご利用いただけるコンテンツをご用意しております。

関連記事

ページ上部へ戻る