DL大小瀬求「完勝したと胸を張って言える結果だった」【2019全日本カート茂原】

2019年の全日本カート選手権茂原ツインサーキット大会は、TTを除く全ヒートがウエットコンディションで行われた。酷暑に見舞われるイメージの強いここ茂原での涼しげな天候によって、コンディションの予想を大きく外してしまったタイヤメーカーもいる中、DUNLOPはドライ・ウエット共に高いパフォーマンスを発揮して見せ、全ヒートでトップを獲得した。

以前から「ドライ・レインを含め幅広いコンディション変化に対応すること」を目標としていると語っていたDUNLOP大小瀬氏。今回のレースでは、刻一刻と変化していく路面状況に終始追従し、そのコンセプトを結果という形で体現して見せた。どのようなベースがあったからこそ、この勝利を掴むことが出来たのだろうか?

Paddock Gate 藤松楽久:今回は完全にDUNLOPが制した週末でした。まずはドライタイヤについて、BRIDGESTONEはここに自信があったらしく、TTで上位を占めたいと言っていたのですが、それを打ち破りポールを獲得しました。ここはひとつの達成ポイントではありませんでしたか?

DUNLOP 大小瀬求 :DUNLOPユーザーの8人中6人がAグループに割り当てられ、Bグループの方が路面が回復しタイムが上がりました。ですから、総合結果を見ればあまり良くは見えませんが、Aグループで見れば上位にユーザーが来ています。さらにTTから帰ってきたタイヤは、我々のタイヤが一番良い状態にあったように見えました。ドライのセッションは数少なかったですが、そこでもきちんと競争力があった上での今回の結果だったので、全体的に自信が持てました。今回に限って言えば、完勝したと胸を張って言ってもよいだろうと思います。

藤松:レースのメインとなったレインタイヤはどうでしょう?全体的にみると、YOKOHAMAはうまく機能せず、BRIDGESTONEはコンディション変化に左右されすぎているように見える中、DUNLOPタイヤは安定してパフォーマンスを出せたように思います。

大小瀬:雨量が増えてきたときの排水性を含めて、我々のレインタイヤが最も高次元にバランスされていたので、性能を発揮することができました。去年のSUGOでのレインタイヤもよい性能を出せましたが、実のところあの時のタイヤは、レースの結果にこそ現れはしませんでしたが、致命的な欠陥を抱えていました。そのエラーをいかにして解決するのか?という部分の開発を冬の間に皆と一生懸命に行っていました。はた目にはわからない部分ではあったかもしれませんが、今回の結果は、開発の成果の部分で会社の仲間たちも喜んでくれるだろうと思います。

藤松:皆木駿輔や朝日ターボのシャーシ・ドライビングの違いによる速い部分の差は有りましたが、 今回のDUNLOPレインタイヤは耐久性も高く、終始優位異性を持ち続けていました。 やはりコンディション変化に強い、トータルでの速さを目指していたのでしょうか?

大小瀬:レース前にも言ったように、雨と一言で言っても様々なコンディションがあります。ですから、「こうであればよい」というレインタイヤは有りません。今回は、どういうタイヤをレースに持ち込むのか?という選択の部分を含めて、予想されるコンディションに合致するものを用意することができました。

藤松:今回はこれまで速さを見せられなかったメンバーですら上位に来るなど、DUNLOPユーザー全体が速かったです。誰かに特化したわけではなく、常に安定した性能を発揮しているように見えたのですが、ここはどうでしょうか?

大小瀬:我々は誰か一人のドライバーさえ速ければよいと考えてはいませんが、同時に全員が速く走れるための開発ポイントというものも特にありません。しかし、シーズン序盤に苦戦していたようなルーキードライバーであっても、結果的にどんなコンディションであってもそれなりのペースで走ることができたというのは、使いやすさを兼ね備えた性能が現れたように思います。ここには開発に携わっているメンバーの頑張りが現れました。自分に都合の良いタイヤを選ぶのではなく、DUNLOP全体のことを考えいいタイヤを作ろうと開発チームがやってくれたからこそ、今回の結果を得ることができたように思います。

藤松:レインタイヤはディストリビューションではないため、他社では複数のコンパウンドからユーザーに選択させたところもあったようですが、DUNLOPではそのような作戦は取らなかったのでしょうか?

大小瀬:もちろんレインタイヤを一種類しか持ってこなかったということはありません。しかし、ある程度「この条件であればこのスペックのタイヤがパフォーマンスを発揮するだろう」という読みはおおむねあたっていましたし、同時にドライバー全員がそれなりのペースで走っていました。ですから、我々としてはタイヤ屋がイレギュラーなことをしてチームやドライバーのペースをかき乱すことの無いように、裏方に徹し邪魔しないようにしました。調子が良いのであれば、我々がそこに口を出す必要はありませんから。

藤松:今回でシーズン後半戦に向け弾みがついたと思いますし、またランキング的にもチャンピオンを狙えるドライバーが出てきましたね。

大小瀬:次戦のSUGOまでは約3か月のインターバルが開きますから、他社もそれまでに様々な開発の要素を入れてくることができるでしょう。今回は完勝しましたが、次回もこの通りになるなんてことはないと分かっています。 今回の結果は素直に喜ばしい反面、チャンピオンが見えてきた選手やチームが現れたのですから、緊張の高まる結果でもありました。後半戦は尚更ヘタなことはできません。去年のリザルトを見て、DUNLOPは終わったと思った人もいたかもしれませんが、こうやって皆の力を借りながら盛り返すことができました。ここまでやってきたことやその方向性が間違っていなかったことが分かったので、今後もDUNLOP全体で力を合わせて戦っていきます。

関連情報

【2019全日本カート東地域】第3戦 茂原ツインサーキット リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年7月7日に開催された全日本カート選手権東地域第3戦 茂原ツインサーキットのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

【2019全日本カート茂原】タイヤメーカーインタビュー【OK】 | Paddock Gate

例年「灼熱」の形容詞が付くほど暑いという印象が強い茂原ツインサーキットだが、どうやら今週は様子が異なる。初日となる木曜日は、断続的に強雨に襲われ、そして金曜日は走行セッション中は終日曇りで、夕方にはむしろ肌寒さすら感じるほどであった。

関連記事

ページ上部へ戻る