森山冬星「勝利以外いらない」:Fight for Podium 2019

「絶対に勝ちます」と、第8戦決勝のダミーグリッドで宣言した森山冬星は、レース後に悔しさで顔を歪ませた。佐々木大樹を輩出した孤高のプライベーターTEAM WOLFから出場する彼にとって、SUGOの地で絶対王者を打倒することは、他のどこで勝つこと以上に重みがあるのかもしれない。

絶好の機会を逃し、惜しくも第8戦は3位に終わった森山冬星。果敢に挑戦し続ける彼の眼は、すでに最終戦へと向かっていた。

Profile

森山 冬星 (モリヤマ トウセイ)
生年月日:2003年1月10日
出身地:大阪府
チーム:TEAM WOLF
ゼッケン:12
マテリアル:Praga / IAME / BRIDGESTONE
スポンサー:TEAM WOLF / DIXCEL / ROTAL corporation

最近の戦歴

2016年鈴鹿選手権 J-RMCクラス 参戦
2017年鈴鹿選手権 J-RMCクラス 参戦
2018年全日本カート選手権OK部門 シリーズ11位

前回のスポーツランドSUGO大会について

前回のSUGOではこれまでのレース以上にスタートがうまく決まったことがポイントとなりました。しかし2レースを通じてタイヤマネジメントがうまくできず、トップ集団の中で最もタイヤを使ってしまっていたことが悔やまれます。第7戦では予選のフロントカウルペナルティにより、本来3番手スタートであったところを6番手スタートとなってしまったことも痛手でした。

しかしその状況でも常にトップ集団の中で走ることができ、その中での駆け引きを多く経験することができました。次回への自信の付くレースとなりました。

次回のツインリンクもてぎについて

どちらかといえば苦手なサーキットですが、コースレイアウト的には抜きどころが多く、とても面白いと感じています。事前のタイヤテストではあまりいい感触を得ることはできませんでしたが、レースまでにはしっかりと攻略し、勝利を手にします。

一目置いているライバル

佐々木大樹選手と渡会太一選手です。

次戦への意気込み

速さを見せつけたいですし、オーバーテイクには自信があるので、バトルにも注目していただきたいです。最終戦となる次戦では勝利以外いりません。

関連情報

【2019全日本カート東地域】第5戦 スポーツランドSUGO リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年10月6日に開催された全日本カート選手権東地域第5戦 スポーツランドSUGOのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

関連記事

ページ上部へ戻る