BS中井佑輔「去年の改良型タイヤをレースに投入した」【2018全日本カート本庄】

スペシャルタイヤにとって2年目となる本庄サーキットでの戦いは、BRIDGESTONEタイヤが表彰台をほぼ独占するという結果で締めくくられた。振り返ってみれば練習日からBRIDGESTONEユーザーは、マテリアルの差はあれど全員が調子がよく、それはつまりタイヤとして非常に高レベルのものができていた証だといえるだろう。他メーカーのユーザーからは「BSタイヤの転がり感がいい」という声も聴かれてきたが、一体どのようなポイントに違いがあったのか。BRIDGESTONEの若き技術者 中井佑輔氏に話を聞いてきた。

Paddock Gate 藤松楽久:2年目の本庄サーキットではBRIDGESTONEタイヤの2連勝という決着になりましたね。おめでとうございます。ドライバーからは「BSタイヤの特性が本庄サーキットにマッチしている」という声が聞こえてきたのですが、これはBSタイヤのどのような点に優位性があったからなのでしょうか?

BRIDGESTONE 中井佑輔:ありがとうございます。コース特性にマッチしていたかどうかという話は、あくまでも結果論だと思います。確かに、去年に比べると路面温度やコンディションにタイヤを合わせこむことができました。ただこれは、去年レースを経験し、そして今年もテストを行ったことで見えてきたデータから、コースの傾向が見えたためです。また、タイヤのスペックも去年とは少し変更しました。去年は初開催ということで手探りでレースしていた状況だったと思いますが、このコースはコーナーの加減速が肝であることが分かりました。ですから、その特性・方向性をより強化したタイヤを開発し、レースに使用しました。

藤松:本庄大会ではBSタイヤが表彰台をほぼ独占しましたが、他社のタイヤと比べたときにはどうでしたか?

中井:YOKOHAMAに対しては、特に第3戦では予選・決勝ともにこちらに優位性があったように思います。第4戦は佐藤蓮が予選ヒートのトラブルにより後方からのスタートとなり、決勝ヒート中はスリップストリームが効いてタイムが出やすい状態にあったので完全に比較することはできません。しかしながら、タイヤの性能としては互角であったと思います。DUNLOPについては明確にはわかりません。しかし、朝日ターボはTTで速かったですし、レース中はどうやらタイヤにトラブルが出ていたようですが、それでも高いポテンシャルを持っていたように見えました。油断はできない状況だと思います。

藤松:次戦の茂原大会からはついに中井さんが主導で開発したタイヤが投入されることになるようですが、現在のところの手応えはありますか?

中井:手応えはしっかりと感じています。テストでは主にこれまでユーザーが抱えていた問題に対して取り組み、そしてその改善が確認できています。もちろん他メーカーとの競争もあるので、実際のところどうなるかはレースをしてみないと分かりません。あぐらをかいている状況ではありませんが、もてぎや本庄と比べてもさらに良くなる自信を持っています。

中井:YOKOHAMAは茂原で速かったのに本庄ではそこまでであったことは気になります。チャンピオンシップの面では、佐々木大樹と佐藤蓮がリードしつつ、そこに三村壮太郎、高橋悠之、そして本庄で勝った名取鉄平も追い上げていて、我々としては緊張感を持った状況にあります。ただ、今年レーシングカートに初めて携わった私としては、レース自体の盛り上がりはもちろん、Super GTに負けない魅力がレーシングカートにあると感じています。次回はそのSuper GTと日程が被ってしまっていますが、全日本カート選手権への観戦者も増えると嬉しいです。そして、ユーザーはもちろん、見に来てくれた人の期待にも応えられるよう私も頑張っていきます。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る