【2018全日本カートSUGO】タイヤメーカーインタビュー【OK】

オートバックス全日本カート選手権は、ここスポーツランドSUGO西コースでついに後半戦に突入した。去年は開幕戦を担当し、桜がきれいに咲いていたこのサーキットだが、今年は週末を通してあまり良い天候には恵まれないだろうという予報が出ている。実際に金曜日の午前中は小雨が降り続き、止んだのちも空は分厚い雲に覆われていた。このような難しいコンディションを読み切り、勝利をつかむのはいったい誰になるのか。

BRIDGESTONE「ユーザー全体でレベルアップできている」

Paddock Gate 藤松楽久:前回の茂原大会は、完全にBRIDGESTONEのレースだったなという印象があるのですが、中井さんはどのように思いましたか?

BRIDGESTONE 中井佑輔:表彰台を独占しましたし、我々のユーザーの多くをポイントランキング上位に送り込むことができたので、いい結果を得ることができたなと思います。第2レースの予選で少しトラブルが出たユーザーもいました。あれは自分たちの持ち込んだタイヤにそこまで余裕があるわけではないことと、加えてこちらからのタイヤの管理が少し足りなかった面があったためです。ですから、特に悲観はしていませんし、むしろタイヤの管理に関してボーダーラインを引くことができたので、今後は起こらないはずです。

藤松:去年のレースを振り返ってみると、これまでSUGOでは絶対的な強さを誇っていた佐々木大樹があまり前に出ず、対してビレル系シャーシユーザーが速かったですが、これには何か原因があったのでしょうか?

中井:これだという原因を探すのは難しいですが、シャーシの特性が出たのかなと思います。もちろんそれだけではなく、ドライビングスタイルや、タイヤの使い方にも影響されるので、シャーシ特性が全てではありません。OKというカテゴリーは、微妙な差が大きく出てしまう世界だなと感じています。

藤松:中井さんから見て、このSUGO西コースはどのような印象がありますか?

中井:ストレートが短く、左コーナーが連続しているので、特に右輪が厳しいなぁと思っています。加えて季節的にも天気が読めないので、用意するタイヤを絞り込みにくいです。現状では各セッションとも我々のユーザーがベストを記録していることと、摩耗に関しても特に心配はない状態なので、強い手ごたえを感じています。ただ、他社との競争ですので、楽観できるわけではありません。現状で一番不安なのは天候で、特にレインでは勢力図が全く読めません。実際今日も雨が降りはしましたがレインタイヤを使用する状況ではなかったので、いざ雨になったら過去のデータから選ぶ必要があります。その点は少し不安に感じています。

藤松:去年のSUGOからの進化したポイントなどはありますか?

中井:構造面から言えば、「すべてのユーザーが使いやすいタイヤ」というコンセプトの進化はできています。コンパウンド的にも良いものが見つかっているので、去年のレースよりもいい雰囲気で臨めるのではないか思っています。それ以外にも、佐々木大樹や高橋悠之はもちろんですが、野中誠太、名取鉄平、佐藤巧望、ルーキーの森山冬星など、ユーザー全員が速くなっています。我々のユーザー全体でレベルアップできているので、SUGOでも勝ちに行きます。

YOKOHAMA「去年からほぼすべてが大きく進歩している」

Paddock Gate 藤松楽久:前回の茂原大会では、佐藤蓮の活躍こそありましたが、YOKOHAMA全体としてはうまくいかないレースであったように思います。

YOKOHAMA 三好雅章:そうですね。他社に比べてコンディションに合わせきれなかった部分がありました。それは特に高温域でのことで、そこでパフォーマンスを発揮できなかったことが課題として残りました。熱ダレに対して劣っていたため、レース後半で摩耗面でも苦しい展開となり、ペースが上がらない状況となってしまいました。課題が浮き彫りになった形であり、ユーザーには申し訳なかったです。

藤松:これまでYOKOHAMA的にSUGOは相性の悪いサーキットであったようですが、進化した今年はいかがでしょうか?

三好:去年のSUGOはとても残念なレースであったと言わざるを得ません。特に第1レースでの摩耗状態は問題でした。ただ、今年は、去年からやってきたテストやレースの結果が生き、パフォーマンスが大きく上がっています。そのためレースがとても楽しみです。ただその一方で不安も大きいです。OKはレベルが高く、他社と競えるレベルまでは来ていると思いますが、実際にやってみないことにはわかりません。去年までのデータを生かし方向性を決定し、そしてそれが間違っていなかったことは今シーズンのこれまでのレースで証明できています。去年の課題をきっちりと解決したうえで、戦えるようにしたいです。

藤松:去年からの進化したポイントとは具体的になんでしょうか?

三好:ほぼすべてが大きく進歩しています。今の我々のタイヤは、去年のそれとは異なり、むしろ特性的には他のサーキットに比べるとSUGOにあっていると思います。逆に鈴鹿では苦しいレースになるのでは?とも感じているので、過去にレインでもいい結果を残しているこのSUGOで勝ちに行きたいです。

藤松:今週は天候が安定しないのは少し不安ですね。

三好:そうですね。ウエットでもドライでも戦えると思います。ただ、現状少し想定した気温よりも寒いのかな?と感じています。そこにどれだけタイヤを合わせこめるかが勝負所でしょう。そのような少し想定と外れた場面でも、高いパフォーマンスを発揮したいです。

DUNLOP「まともに勝負できる状態が出来上がった」

Paddock Gate 藤松楽久:前回の茂原大会はDUNLOPにとってあまりいいレースとは言えませんでしたね。

DUNLOP 大小瀬求:テストでは良い感触があったのですが、そこでレースに向けてどうするか?といった場面で、道を誤ってしまったのではないかという節が少しあります。結果論ではありますが。今シーズンは一貫してミスを続けてしまっているのですが、すべてのレースでうまくいかなかった原因がそれぞれ違います。見ている人からすれば、タイヤの大きさに起因するように見えるかもしれませんが、それはすべてではありません。タイヤに必要な特性が足りない場面がそれぞれにあったのです。おそらく、外から見ている以上に状況は紙一重です。そのわずかなミスが大きな差になってしまう、それがこのOKというカテゴリーであることを痛感しています。

藤松:去年はDUNLOPにとってとてもいいレースができたSUGOですが、今のところはどうですか?

大小瀬:去年の土台がしっかりとあるので、開催時期の違いによる多少のコンディションの差はありますが、その土台をちゃんと生かしていくスタンスで戦っていきます。やっとまともに勝負できる状態が出来上がりました。これまで開発してきたものが形になり、選択肢が広がった状況にあります。

藤松:では、今回はかなりいい雰囲気でレースに臨めるということですね。

大小瀬:そうですね。ユーザー全体で前向きなイメージをもって今週末を戦えると思います。今回は、ちゃんとタイヤを使いこなすことができれば戦えると思っているユーザーが多いと思います。少し天候が不安定で、大きくコンディションが変わるとどうなるのか、そこは少し読めないところではありますが、結果がついてきたらいいなと考えています。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る