BS中井佑輔「速いドライバーが揃い、良い開発体制が整っている」【2019全日本カート鈴鹿】

2019シーズンの全日本カート選手権OK部門の開幕戦は、少々予想外の展開が多く起こった。一つはディフェンディングチャンピオンYOKOHAMAタイヤのタイヤが全く機能していなかったこと。DUNLOPが大径タイヤのまま驚異的な進化を見せてきたことだ。全体を通してみれば、昨シーズンからの予想通りBRIDGESTONEの優位性が発揮された形となったが、実際の中身は去年までと少し異なるようにも思えた。そのあたりを確認するために、レース直後のBSブースを訪れた。

Paddock Gate 藤松楽久:少々イレギュラー気味の井本大雅によるDLの優勝はありましたが、第2戦では佐々木大樹が優勝しましたし、第1戦もBSで表彰台独占できた可能性は十分にあったように思います。ただその一方で、作動温度域が広いという持ち味のあるBSにしては、少々路面温度に左右されたレース展開にも見えたのですが、どうでしょうか?

BRIDGESTONE 中井佑輔:確かに土曜日の気温はとても低かったので、そちらを考えるとカバーしきれなかった部分があったとは思います。しかし、土曜日も日曜日もレースができなかったことは一度もありませんでした。そう考えると、ある程度広い温度レンジをカバーできたのではないか?と思います。しかし、もちろんより広いレンジで対応できるようにしていかなければなりません。

藤松:実際に佐々木大樹が第1戦決勝後に作動温度域についてのコメントを残していたのですが、そこについてはどう思いますか?

中井:そこはドライバーの感じ方やマシン、セッティングの違いが表れたのではないか?と思います。例えば大草りくのコメントではそのようなイメージはありませんでしたし、山田杯利もよい感触で走っていました。しかし、だからと言って一方のドライバーが悪く感じて良いわけではありません。その差も含め、より扱いやすくなるように改善していく必要があると思いました。

藤松:練習走行までの時点では、今週のBSは非常にいいタイヤの状態を維持しているように見えたのですが、一転して土曜日の予選が終わった時点では、人によっては大きく傷んでいるようにも見えました。なんだかいつものBSとは少し様子が異なるようにも感じたのですが、それは開発を攻めた結果だったのでしょうか?

中井:確かにそのようなタイヤのささくれが見えたドライバーはいましたが、それが起きたドライバーは少数だったので、例外的な現象なのでは?と考えています。ただ確かに、開発を進めていく中でピークグリップを高めていこうとすると、そのような現象への耐性が少し減ってしまった面はありました。しかし、土曜日の低温状況であの程度の荒れ方であれば許容範囲だと考えています。そもそも天候自体が予想外という面もありましたから。

藤松:今回はYHに速さがありませんでしたが、どうやら対策する術がすでにあるようです。さらにDLは大径タイヤのまま速さも乗りやすさも格段に進化させてきました。去年はYHとの戦いという部分がありましたが、今年は3メーカーのガチンコ勝負になるのではないか?と私は見込んでいます。他社との比較、という面ではどのようなレースでしたか?

中井:DLのあの進化は非常に脅威に感じています。もちろん今回はよくありませんでしたが、YHも必ず取り返してくるでしょう。その中で我々は、他者対比でピークタイムが非常に高かったという部分が見えてきました。これはオフシーズンで特に注力した部分であり、その成果がしっかりと見えた結果となりました。というのも、BSはユーザー数が多いため、TTで上位を占めてしまえば、レース展開として他社を抑え込めるという部分があります。タイヤの面での作戦が狙い通りにいったな、というレースでした。しかしその反面として、DL対比でタレが少しあるなという部分も見えました。そこをどう調整していくかがポイントとなります。DLを脅威に感じているのは確かですが、全く負けているとは思っていません。まだまだ戦えるだけの優位性があります。もちろん、あぐらをかけるほどのアドバンテージがあるわけではありませんが。

藤松:今回のレースでは、特にBSユーザーのルーキードライバーが多く活躍しました。これは「すべてのドライバーが速く走れる」というBSのコンセプトが体現された結果のように見えたのですが、どうでしょうか?

中井:そうですね。第2戦の予選で佐藤凌音と山田杯利がクラッシュしてしまいましたが、もしあれが無ければもっと違った結果になり、そのコンセプトがさらにはっきりと見えたと思います。全日本カート選手権では”我々のタイヤ”が戦っているわけではありません。最終的にはドライバーの勝負です。しかし、そのような上位で戦えるいいドライバーがBSに集まっているということは、とてもありがたいと思うと同時に、開発の面で非常に有利です。開発スピードが上がりますし、きちんとしたデータが収集できます。良い開発体制が整っているなと今年は特に感じています。どんどん開発を進めて、ユーザーの期待に応えられるような優位性を示していきます。

関連情報

【2019全日本カート鈴鹿】タイヤメーカーインタビュー【OK】 | Paddock Gate

昨シーズンの全日本カート選手権OK部門のタイヤ戦争は、BSとYHが激しい攻防戦を行いながらも、YOKOHAMA初のチャンピオン獲得という形で決着した。

【2019全日本カート西地域】第2戦 鈴鹿サーキット リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年4月28日に開催された全日本カート選手権西地域第2戦 鈴鹿サーキットのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

関連記事

ページ上部へ戻る