DL大小瀬求「チームとドライバーがタイヤの特性を最大限に引き出してくれた」【2019全日本カート本庄】

本庄のレースウィークの金曜日にDUNLOP大小瀬氏にインタビューした際、彼はなんだか気難しそうな顔をしていた。今回はグリップも持ちも悪くないという話がユーザーから聞こえたにも関わらず、一体どんな懸念材料があるのだろうか?と筆者は疑問に思っていた。

開幕戦の鈴鹿では、去年の苦しいシーズンを乗り越え復活を見せたDUNLOP。タイヤの差が出ずらいこの本庄とは言え、ここにもなにか優位性を発揮するためのポイントがあるはず。懸念を払しょくし皆木駿輔による優勝をもぎ取ったDUNLOPの勝因を探っていく。

Paddock Gate 藤松楽久:第3戦ではBSに表彰台を独占されましたが、一方で第3戦では予選・決勝ともにDLを履く皆木駿輔が1位を獲りました。このような結果を得られた今回のレースを、大小瀬さんはどのように見ましたか?

DUNLOP 大小瀬求 :正直なところ、タイヤメーカーとしてコメントするのは難しい部分があります。レース前にもお話ししたとおり、そもそもこの本庄サーキットはタイヤの性能差が付きにくい、という大前提があります。最低限ドライバーの足を引っ張りたくないという思いがあり、そこはクリアできたかなと思っています。その上で、ドライバーがチームが実力を発揮し結果をもぎ取ってくれた、そのような印象が強いです。事実勝ちはしましたが、それは上手くやれば勝てるポテンシャルがあったにすぎず、タイヤが武器であったわけではありません。少なくとも我々のタイヤが本庄サーキットを走るにあたっての最低水準にタイヤの性能が達しており、他社も大きくは変わらなかった。単にそれだけだったのではないかと思います。

藤松:しかしながら、DUNLOPタイヤは全てのヒートで、初動の良さについては圧倒的な優位性を見せましたよね?

大小瀬:そこは結果論に過ぎません。タイヤの温まりや初期グリップをどの程度にするか?それは各メーカーがそれぞれの思惑をもって設計してきています。3メーカーのタイヤを並べてみた結果、我々のタイヤの初動が相対的に良かっただけです。もちろん、結果的には初動の良さや、日曜日の気温・路温の低さが我々に味方した部分はありました。そのような状況を全て予測しタイヤを製造したのであればよいですが、必ずしもそうとは限りません。たまたまそうなっただけの部分も多分にあります。一方で、蓋を開けてみたら初動の良さが見えてきたので、チームやドライバーはその特性を最大限に生かしレースを組み立ててくれました。今回の結果を得られたのは、彼らがタイヤの特性を生かしてくれた、そのことに尽きます。

藤松:第3戦予選の際に、初動の良さの反面か、後半にかけてのペースダウンが顕著に見えました。あれは何か想定外の事象や、はっきりとした原因があったのでしょうか?

大小瀬:テストやレースウィークのスポーツ走行中にロングをかけることはありますが、そこで得られた事象とレースで得られる結果は、異なる場合があります。それはコンディションや路面温度、他メーカーや他クラスのゴムが路面に乗ってくるといった、様々な要因が絡み合うためです。このため、絶対的にタイヤをどこまでどの程度使えばよい塩梅になるのか?は、私たち自身もレースをこなしながら判断していく部分があります。第一レースの予選では、まだ判断しきれないタイミングにありました。確かに良い姿ではなかったかもしれませんが、あれはあれで必要なプロセスであり、もしあの予選が無ければまた違った結果を迎えた可能性もあります。また、土曜日のほうが日曜日よりもずっと暑く、コンディションが全く異なった、というのも、あの原因の一部としてありました。

藤松:DUNLOPは去年までの苦しいシーズンを乗り越え、今年は開幕戦の鈴鹿でも速さを見せました。DLタイヤは明らかに進化しており、仮に去年までのタイヤであれば、タイヤの差が出にくいこの本庄であっても、今回の結果には繋がらなかったのでは?と私は見たのですが、そこはどうでしょうか?

大小瀬:去年ははっきり言って勝負できる土俵に上がることすらできていませんでした。そこに到達できたというだけでも、十分に進化の跡をユーザーに実感させることができたのではないか、と思っています。ただ、現状で我々のタイヤが武器、つまり勝つための必須アイテムという領域に到達しているとは思っていません。まだまだ精進していかねばなりません。

藤松:今シーズンはまだ茂原、SUGO、もてぎと続いてきますが、まずは茂原についてどのような展望がありますか?

大小瀬:我々は去年の茂原では全く歯が立ちませんでした。まずはまたレースが出来るというレベルに到達するというところが、現実的な目標だと考えています。しかしそれは決して消極的な話ではなく、最終的に勝とうと思ったら、まずはその領域に達しなければならない、必要なプロセスだということです。ですから、まずは土俵に上がることを目指してユーザーと一丸となってテストしています。その中でもポイントをかき集めて、シーズン後半戦に臨んでいければなと思います。茂原では去年散々な目に合っているだけに、わずかでも進化をみんなで感じられるレースにしたいです。

関連情報

【2019全日本カート本庄】タイヤメーカーインタビュー【OK】 | Paddock Gate

本庄サーキットはとにかくタイヤへの依存度が低く、コンペティションタイヤを使用するOK部門であってもタイヤメーカー間の差が見えずらいコースだ。

【2019全日本カート東地域】第2戦 本庄サーキット リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年6月2日に開催された全日本カート選手権東地域第2戦 本庄サーキットのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

関連記事

ページ上部へ戻る