【2019全日本カートSUGO】タイヤメーカーインタビュー【OK】

3か月ぶりとなるオートバックス全日本カート選手権OK部門は、東北は宮城県のスポーツランドSUGO西コースにて行われる。木曜日はドライ、そして金曜日は断続的な雨による軽いウエットコンディションとなったが、土日の天気予報は晴れマークが付いている。このためドライのテストが不足し、各タイヤメーカーはテスト不足を感じているように見えた。金曜日は走行をキャンセルしたドライバーも多くいたため、今週の勢力図を見定めるのは難しい。さて、各タイヤメーカーの思惑を探っていこう。

BRIDGESTONE「チャンピオン奪還へ王手をかける」

Paddock Gate:前回の茂原では、高橋悠之と冨田自然はBS勢の中でもハイペースで走っていましたが、全体的にはDLに劣る結果になりましたね。

BRIDGESTONE 中井佑輔:そうですね。雨量に対して広い範囲をカバーできていませんでした。雨量が少ない時はパフォーマンスがありましたが、増えると車両の動きが不安定になることが明確に見えてしまいました。

PG:唯一のドライとなったTTは、ABグループの差が激しかったので評価が難しいと思いますが、どのように見えましたか?

中井:もしかすると他社は一発のタイムだけ狙って持たないタイヤを投入したのかもしれないので、レース全体を見た時の話はタラレバでしかありません。我々としては、ドライでもベストとなるようなタイヤを投入しました。

PG:去年の雨となったSUGOでもBSは非常に苦しい戦いとなりましたが、今回がその再来となることはあり得ますか?

中井:今年のSUGOでのタイヤテストを行った際にウエットになったのですが、その時に去年の復習を行えました。何が良く、何が悪かったのか、それをはっきりと確認することができたので、良い方向性に向かっています。むしろ今週レインでレースをしたいと思っているほどです。

PG:今週はドライはまだ木曜日だけですが、ドライでのパフォーマンスはどうでしょうか?

中井:まだはっきりとは見えていません。土曜日は暑く、日曜日は寒いという天気予報もあるので、どうするか考えていかねばなりません。とはいっても、去年から我々のタイヤは対応温度域が広いので、寒暖差に関してはそこまで心配はしていません。我々がベストだと思うタイヤを投入するのみです。

PG:茂原の結果によってシリーズランキングが混戦となりました。シーズン後半戦の大事な戦いとなりますね。

中井:このSUGOでチャンピオンへ王手をかけられるよう開発したタイヤを持ち込んでいます。テストでもドライ・ウエット両方をこなし、やれるだけのことはやりました。自信をもって作ったタイヤなので、あとは結果を楽しみにするのみです。

YOKOHAMA「今までと違うレース展開ができる」

PG:前回の茂原は非常に苦しいレースとなってしまいましたね。

YOKOHAMA 須賀勇一:完全にタイヤが要因でしたので、ドライバーに申し訳なかったです。これまで課題としてあった、高温のレインコンディションでの問題がはっきりと見えてしまいました。方向性を見つけるためにテストを重ねていかねばなりません。

PG:ドライでのパフォーマンスも厳しい結果でした。

須賀:茂原は毎年真夏に開催され、とにかく熱いので、そこに照準を合わせて作りこみました。しかし、当日はむしろ吐く息が白い時があるほど寒く、対応できませんでした。とはいっても他社はちゃんと走っているので、いかにワイドレンジにしていくか?という課題が見えました。

PG:去年のSUGOはYH初の表彰台独占を果たしたレースでしたが、今日のレインでは、雨量が少ない状況ではパフォーマンスをあまり発揮できていないように見えます。

須賀:実際に今日のコンディションでは、対策はしてきましたが、茂原と同じような現象が起きてしまっています。ただ土日は晴れ予報ですし、昨日のドライコンディションでは他社に比べてもそん色ないか、わずかに劣っているレベルでした。昨日は本番のコンディションとはまた違う状況でしたので、そこで見えた差についてはさほど気にしていません。

PG:土日の寒暖差についてはどう対応しますか?

須賀:広く対応できるようにしようと考えています。今のところここまで改良を加えてきたところが悪さをしているような感じはないので、コンディションが想定の範囲内であれば、鈴鹿や茂原のようなことにはならないはずです。ポテンシャルはしっかりとあります。また、これまで課題としていた立ち上がりの重さについては改善がみられています。まだレースを経験していない仕様なので、これがレース時にどのように作用するか、とても楽しみです。今までとは違ったレース展開ができるのではと思いますし、この結果によっては開発の方向性がガラッと変わるかもしれません。

PG:今回はYHのドライバーとしてヤニック・デ・ブラバンダーが出場していますが、彼についてはどうですか?

須賀:非常に楽しみにしています。実力のある選手ですし、コメントを聞いても非常に細かく、またこれまでの我々とは違った視点の意見も出てくるので面白いですね。私たちにとっていい結果をもたらしてくれると思います。

DUNLOP「全員のパフォーマンスに期待したい」

PG:前回の茂原は、レース後にいただいたコメント通りDUNLOPが完勝しました。改めてどのような部分があの結果を生んだのだと思いますか?

DUNLOP 大小瀬求: やはり雨でのパフォーマンスをしっかり出せたことがあります。またチームと綿密にコミュニケーションを取り、タイヤの性能を全員が引き出してくれたことが大きいです。レインタイヤに自信の持てる結果になりました。

PG:今回のSUGOでは、木曜日がドライ、金曜日が軽いウエットとなっていますが、今のところ他社との勢力図はどうでしょうか?

大小瀬:ドライに関しては、まだ明確な差はないように思えます。ただし完璧なところもないので、微妙ではありますがいいところと悪いところがそれぞれにあるようにも見えました。レインに関してはあまりにも複雑すぎますから、それぞれのチームのポテンシャルを引き出せるように頑張ります、としか言えません。

PG:今日のレインを見ている限り、朝日ターボと井本大雅が調子がよさそうに見えました。

大小瀬:朝日ターボに関しては、特にここでのレインについては非常に自信があるようですし、実際に速いですね。彼の持てるものを発揮してもらえればと思います。井本大雅は今年とても成長していますから、我々としても嬉しいですね。

PG:レースはおそらく土日の寒暖差はありつつもドライになると思われます。今のところの見立てはいかがでしょうか?

大小瀬:まだ何とも言えません。他社がどのタイヤを使ってくるのかわかりませんし、ちゃんとポテンシャルが見えていない状況です。寒暖差に関するアプローチも各社異なると思いますが、我々がどうするべきかは思案中です。しかし、開発チームの方向性は一致しています。木曜日の結果を見る限りは、余裕でもなければ絶望的でもありません。ただ、それなりのペースを刻んでいるドライバーもいるので、全員のパフォーマンスに期待したいです。

関連記事

ページ上部へ戻る