渡会太一「強みである速さを活かしたレースをする」:Fight for Podium 2019

2019シーズンが開幕する前から期待のルーキードライバーとして囁かれていた渡会太一。いざシーズンが開始されると、確かに前評判通りのスピードを見せつけながらも、表彰台にたどり着くことができないドライバーであった。

ところが全日本カート選手権第8戦で転機が訪れた。これまでの反省を生かしタイヤに余力を持たせた状態で決勝中盤まで淡々と走行すると、トップのバトルが起こったと同時にスパートを開始、2位以下を一気に突き放し独走で優勝を決めたのだった。あれは渡会太一の持つ「速さ」が「強さ」へと進化した瞬間だったのかもしれない。

Profile

渡会 太一(ワタライ タイチ)
生年月日:2004年2月8日
出身地:埼玉県
チーム:Drago Corse
ゼッケン:34
マテリアル:Drago Corse / TM / BRIDGESTONE
スポンサー:K.SPEED WIN / Drago Corse / SHAKEHAND

最近の戦歴

2015年ジュニアカート選手権FP-Jr Cadets部門 シリーズ4位
2016年ジュニアカート選手権FP-Jr Cadets部門 シリーズ4位
2017年ジュニアカート選手権FP-Jr部門 参戦
2018年全日本カート選手権FS-125部門 シリーズ4位
もてぎカートレース X30クラス シリーズ2位

前回のスポーツランドSUGO大会について

OKデビューイヤーではありつつも、シーズンを通して一発の速さを出してきた記録があるため、SUGOに対しても自信を持って挑むことができました。しかし、SUGOはカデットの頃から良い結果を残すことができていないため、少し神経質になっていた部分がありました。雨天となった金曜日の練習では良い感触を得ることができなかったので、ウエットコンディションへの不安が残っていましたが、結果レースは常にドライコンディションとなったため、不安なくレースに挑むことができました。

しかし、第7戦では焦りから予選の時点でタイヤを使いすぎ、決勝でも佐々木大樹選手の戦略に乗せられてしまったため、大事な終盤に余力を残せませんでした。タイヤテストなどでマネジメントする練習を行っていたのですが、いざレースとなるとそれを活かすことができず、最高峰カテゴリーの難しさを痛感しました。

その反省を生かした第8戦では、序盤こそポジションを落としましたが、中盤以降は自分の強みである速さを活かし、レースをコントロールすることができました。結果優勝することができたので、とても嬉しかったです。

次回のツインリンクもてぎについて

もてぎに対しては良い印象を持っています。SUGOほどタイヤに厳しいサーキットではないため、余裕をもって走ることができるでしょう。タイヤテストでは良い感触をつかんでいるので、レースウィークも楽しんで走りたいです。

一目置いているライバル

ランキングトップである佐々木大樹選手、そしてチームメイトである皆木駿輔選手と三村壮太郎選手です。彼らは自分よりもレースキャリアが豊富で、最終戦では必ず上位に来るでしょう。

次戦への意気込み

2019シーズンの最終戦となり、自分にもチャンピオンの可能性が残されています。しかしそこを意識することはなく、自分の速さとシーズンを通して学んだ経験を活かし、一戦一戦に集中、優勝だけを目指して頑張ります。

関連情報

【2019全日本カート東地域】第5戦 スポーツランドSUGO リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年10月6日に開催された全日本カート選手権東地域第5戦 スポーツランドSUGOのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

【2019全日本カートSUGO】OK第8戦 決勝ヒート | Paddock Gate

OK第8戦28周の決勝は15:25からスタート。太陽は分厚い雲に隠れてしまったため、気温も路面温度もじわじわと下がっていっている状況だ。

関連記事

ページ上部へ戻る