【IKA】国際カート展示会2018【その他編】

国際カート展示会2018最後のレポートは会場内で気になったものを羅列していくだけのその他編。会場内はレーシング/レンタルカートでいっぱいではあったものの、思わず「なんだこれ?!」と声を出してしまうものも多数見かけられた。ドイツに行くまではレーシングカートなんて狭い世界だと考えていたものの、狭いのは入り口だけだった。

ジェットスキーのエンジンを使いつつ、カートと同じ姿勢で操縦できるAQUA KART。これでレースしたら面白そう。

EGARAKARTSの身障者用レンタルカート。乗り降りを容易にするためにステアリングが大きく跳ね上がる機構を持つのが最大の特徴で、ステアリング裏のレバーでアクセルとブレーキを操縦する。

ドイツクラシックカートクラブが展示されていた一台。足を避けるためだろうか、タイロッドが曲がってるのが特徴的。

ID ENGINESの横型の4stエンジン搭載マシン。以前日本でも売られていたBabooカートを思い出した。

tb kartブースの脇にポツンと置かれていたため詳細不明のスーツケース。なんだか見覚えのある形状をしているが、小物を取り出せる蓋が付いてて便利そう。

油圧式のビート落としって需要あるのかな…。ビート落としの上面ではタイヤを組み替えられるようにもなっていたが、日本のピットに置くには少し大きすぎるかも。

カートパーツを販売しているショップ。ホイールの量がすごい。なぜか日本で言う灯油ポンプがちょくちょく売れていた。

ベッテルやアロンソといったF1ドライバーのヘルメットペイントを手掛けるJens Munser Designs(JMD)。繊細かつ大胆なデザインのヘルメットはもはや芸術品。

JMDと同じブース内でTシャツなどの実演販売をしていたのはZAPATA AIRBRUSH SHIRTS。エアブラシでポップな絵を描き上げる様には見とれてしまった。

せっかくなのでZAPATA AIRBRUSH SHIRTSにPaddock Gateの帽子をオーダーしてみた。なかなかポップでいい感じの仕上がり。

helmadeはWEB上で様々なパターンに対し好きな色を当てはめヘルメットデザインをシミュレーションできるサービスを展開。デザインが決まればそのまま通販で購入できる。

最近はやりのレーシングシミュレーターは様々なブースに設置されていた。

日本でも一部サーキットで導入されているサーキットバリアTECPROのブース。4輪用からカート用までさまざまなサイズをラインナップ。

Flexi Trackはドイツでは多くのレンタルカートコースで設置されているサーキットバリア。ミハエルシューマッハカートセンターもこれでコースが作られている。

PROTEX KARTINGはひょうたん型のチューブとスプリングにより衝撃を吸収するタイプのサーキットバリア。

世界各地のレンタルカートコース開発を手掛ける360KARTINGが展示していたコース模型。3層構造で楽しそうなコースレイアウト。

日本ではバイクや自転車用タイヤでなじみ深いMAXXISのカート用タイヤ。

2007年にドイツで創業したカートタイヤメーカーBEBA。ハイグリップからレンタルカート用までさまざまなラインナップをそろえている。

アメリカ発、バイク用タイヤを多く手掛けるHEIDENAU。インターミディエートの使いどころが難しそう。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る