YH三好雅章「来年は一つでも多くの勝利を手にしたい」【2018全日本カートOKチャンピオン】

全日本カート選手権最高峰カテゴリーにYOKOHAMAタイヤが参戦を開始し始めて、11年が経過した。以前は強大な他メーカーに全く歯が立たず、レース後のタイヤをチェックしに来るライバルは誰もいなかった。それがどうだろう、今年のツインリンクもてぎで行われた第2戦で、ついにドライコンディションでの初優勝を獲得。雨中決戦となったスポーツランドSUGOでの第7戦では、こちらも史上初となる表彰台を独占。そして最終戦となる鈴鹿サーキットでの第9戦が終了した時点で、シリーズチャンピオン獲得を確定させた。ポイントゲットで喜んでいたかつての姿は消え、2位を悔しがるようになった。追う立場から、追われる立場へ。戦えるタイヤから、勝つタイヤへ。YOKOHAMAの進化は続いていく。

Paddock Gate 藤松楽久:2018シーズンを一年戦ってきて、ついにYOKOHAMAタイヤとして初となるシリーズチャンピオン獲得という結果を得ることができました。そのことについてどのように思いますか?

YOKOHAMA 三好雅章:シリーズチャンピオンを獲得できたということは本当に、チームやドライバーも含めて、YOKOHAMAタイヤのメンバー全員が一生懸命に仕事をしてくれた、そのことの結果が繋がった証です。とても嬉しく思っています。しかしながら、いざ振り返って結果だけを見てみると、常に速かったのは佐藤蓮と三村壮太郎、その二人だけでした。

藤松:ユーザー全体の底上げこそされましたが、全員が速いという状況ではなかった。そういうことですか?

三好:そうですね。BRIDGESTONEを見ていると、やはりどのようなドライバーであっても常に速く走っています。そこに対して我々はまだ全く届いていないと正直に思いました。シリーズチャンピオンこそ獲得できましたが、そういう点ではチームとドライバーに大きく助けれられたというのが現実だと考えています。最終戦の鈴鹿で現れた課題もしっかり見えていますし、オフシーズンには来期に繋げていけるようなテストをしていきます。しかし、まずは素直に、このレーシングカートの最高峰カテゴリーに挑戦して、タイトルを獲得できた、そのことに対して喜びたいです。この結果を得ることができたのは、我々のサポート、ドライバー、チームを含め、ここに関わったすべての人たちのおかげだと思っています。この場にいられたことをありがたく感じています。

藤松:最終戦の鈴鹿に関してですが、特に第10戦決勝ヒート、そこのさらにTOP2だけを見た場合、BRIDGESTONEよりもYOKOHAMAのほうが余力が残っているように見えました。実際のところはどうだったのでしょうか?

三好:あのレースは、展開としては完全に予定通りでした。前半に耐えて後半にしっかりと追い上げる、というストーリーです。それまでの結果を見ても、後半になれば我々のタイヤのほうが強いことが分かっていました。そして実際に予定通りの展開を描けました。しかし、最後のところで佐々木大樹というドライバーの強さを見せつけられました。最後に優勝をしてシリーズチャンピオンを決められなかったのは悔しいですし、心残りです。今年はドライでは1勝しかできませんでした。しかし、ドライでもドライに上がれる実力は付けてきました。そこをしっかり伸ばせるように、来期に向けて開発を進め、そして来年こそは必ず一つでも多くの勝利を手にしたいです。

藤松:三好さんはカートタイヤに関わって2年目でこのような素晴らしい結果を得ることができましたが、この2年間で何か感じたことはありましたか?

三好:全日本カート選手権の最高峰カテゴリーに使われるタイヤは、コースや気温、路面温度、コンディションに対して、非常にピンポイントに合わせこみ、さらにそこで性能を発揮させる必要があります。それができなければ、勝つ負ける以前に戦うことすらできません。レース自体もかなりハイレベルです。他のコンペティションタイヤを使用するカテゴリーに比べても、非常に厳しい現場だと感じました。そんなハイレベルな戦いを経験することで、我々の技術はどんどん伸びています。それと同時に、レーシングカートに関わるようになって、私自身もレーシングカートの面白さが分かるようになりました。この楽しさ・面白さをどんどん広げていけるように、YOKOHAMAとしても頑張っていきたいです。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る