佐々木大樹「チームと共にポテンシャルを引き上げたい」【2019全日本カートOKチャンピオン】

2019シーズンは佐々木大樹が自身11年ぶりとなる最高峰カテゴリーでのチャンピオンを獲得し、BRIDGESTONEに7年ぶりの栄冠をもたらした。彼は今シーズン7度表彰台に登り、そのうち3度の優勝を手にしたが、その一方でタイムの面ではベンチマークにされることが少なかった印象が否めない。スピード不足に苦しみつつも、決勝では常に強さを見せ続け、そして最高の結果を手に入れた佐々木大樹。彼の戦いは、これからも続いていく。

今シーズンを振り返って

「今年のレースは去年以上に厳しいものがありました。リザルトを見ればわかる通り、TTでも予選でも、一度もトップを取っていないのです。決勝では強さを見せることができましたが、純粋な速さでは、山田杯利や渡会太一といったドライバーたちに負けていました。どの部分で負けていたかを具体的にすることは難しいですが、コンディション変化に対する柔軟性であったり、エンジンであったり、トータルバランスで劣っていました。これはTONYKART RACING TEAM JAPAN全体で改善していかねばなりません。来年はチームと共にポテンシャルを引き上げ、TONYKARTのドライバーでトップを占められるようにしていきたいです。」

BS7年ぶりのチャンピオン奪還について

「もてぎに入る前から、『おそらくBRIDGESTONEがチャンピオンを獲れるだろう』と周りが考えていた部分はありましたが、それでも実際に7年越しに獲れた、という事実はとても大きいです。もちろんTONYチームも嬉しかったでしょうし、BRIDGESTONEのメンバーも喜んでいたと思います。そんな久しぶりのチャンピオンを、長年開発に携わっている自分自身が獲れた、それは本当に嬉しいことです。これまでずっとDUNLOPに負けて、そして去年はYOKOHAMAに敗北しました。積み重ねられてきた悔しい思いを自分が晴らせたのは良かったです。BRIDGESTONEにはとても感謝しています。」

これからのシーズンに向けて

「チャンピオンを獲った後というのはとても大切です。今シーズンを見てもわかるように、去年頂点に立ったYOKOHAMAは、昨シーズンのデータがあるはずなのに、今年はチャンピオン争いに絡むことすらできませんでした。環境は常に変化し続けており、何が起こるか分かりません。だからこそタイヤも常に進化し続けていかねばならないのです。ドライバーの自分も気を引き締め、そこに対応し続けていきます。」

関連情報

【2019全日本カート】東西統一戦 ツインリンクもてぎ リザルト&レポート | Paddock Gate

2019年11月17日に開催された全日本カート選手権東西統一戦 ツインリンクもてぎのリザルトが発表されました。なお、ポイントランキングはPaddock Gate独自集計によるものです。

関連記事

ページ上部へ戻る