BS中井佑輔「グリップに振ったタイヤを使う作戦を取った」【2018全日本カート鈴鹿】

鈴鹿サーキット国際南コースで行われた2018全日本カート選手権OK部門の最終戦は、BRIDGESTONE×佐々木大樹の2連覇という形で終結した。前回のSUGO大会により、シリーズチャンピオン奪還は厳しい状態に追い込まれたBRIDGESTONE開発陣は、このラストチャンスに全てを賭けるかの如く、木曜日からドライバーと密にコミュニケーションを取り合っていた。気温・路面温度・ゴムの乗り・他社の動向、あらゆる要素を読み切ったBRIDGESTONEは、レースが始まるとTTから上位を独占。シーズンの最後までドライバーの足元を支え続けた。レース後のBRIDGESTONEブースのメンバーの視線は、すでに来シーズンに向かっていた。

Paddock Gate 藤松楽久:最終戦の鈴鹿大会では佐々木大樹が2連勝しましたね。ドライバーのコメントや実際の車の動きを見ていて、2戦ともにタレに厳しいレースだったのではないかと思っているのですが、そこはどうでしたか?

BRIDGESTONE 中井佑輔:タレに関しては、レースウィークの他社の動向から、この辺りだったら問題ないだろうと考えていたので、読み通りだった部分はあります。実際にTTからタイヤを使用し始める第9戦に関しては、止まったドライバーもいましたが上位を占めることができました。第10戦は佐藤蓮が3番手スタートだったこともあり厳しいだろうと思っていましたが、そこは佐々木大樹の実力もあり、2連勝することができたのでうれしく思っています。

藤松:金曜日に、ふと中井さんらBS開発陣と佐々木大樹が「この程度のタレであればグリップ寄りのタイヤで行ける」という発言をしていたのを偶然耳にしたのですが、今回はきわどいところを攻めていったのでしょうか?

中井:そうですね。予選から上位を占めて、特に佐藤蓮や三村壮太郎などのYHユーザーを下位に追い込むことができれば、BRIDGESTONEとしての年間チャンピオンを獲得する可能性がありました。ですので、グリップ方向のタイヤを使う作戦を取りました。しかしながら、実はタイヤ選択前には佐々木大樹だけではなく、山田杯利、名取鉄平、佐藤巧望といったメンバーに同スペックのタイヤをロングテストしてもらっています。いろんなドライバーでのタイム推移を見て、佐々木大樹以外のドライバーでも行けるなという確信を得て、タイヤを選択しました。

藤松:2018シーズンはBRIDGESTONEはチャンピオンを逃しましたが、優勝数はチャンピオンメーカーYOKOHAMAよりも遥かに多かったです。来年以降はどのようなレース、シーズンにしていきたいと考えていますか?

中井:ドライに関しては非常にいい手ごたえを感じています。SUGOに関しても、ドライであれば十分速かったです。方向性に誤りはなく、このまま開発を続けていけば来年はもっと勝てると思っています。また、どんなユーザーにも使えるタイヤというコンセプトは、実際に誰に履かせても速いという現状がありますから、体現できていると考えています。確かに、ウエットに関しては反省することはありましたが、長期的・短期的にやるべきことをしっかりと分けて開発をしていけば問題はないです。

藤松:来年はチャンピオンを奪還できそうですか?

中井:タイトル奪還は完全に視界に入っています。今年の反省をしっかりすれば十分に可能です。そこからさらに開発を進め、BRIDGESTONEユーザーでシリーズランキングのTOP3、TOP5を占められるような、そんなみんなが走りやすいタイヤを作っていければと思います。さらなる目標に向けてステップアップしていきます。

関連情報

関連記事

広告

Facebook

ページ上部へ戻る